寒川版 掲載号:2014年7月25日号

寒川産湘南梨収穫へ

秋にはジャムやワインも

 寒川産湘南梨の美味しい季節がやってきた――町内の直売所では収穫時期が違う10種類の湘南梨を、7月下旬から9月上旬にかけて次々と販売・地方発送する。人気はお盆に出回る「幸水」だが、近年はお盆以降に収穫される「秀玉」もじわじわとファンを増やしているという。

 神奈川県で新しく育成した品種「香麗」(7月下旬〜8月上旬)、「なつみず」(8月上旬〜中旬)という大玉の梨もある。

 特産品となっている「梨ジャム」や「梨ワイン」は町内産の梨で作られ、それぞれ10、11月に販売される予定。なかでも「梨ジャム」は町内の各小学校の学校給食にも提供され、子どもたちが地産地消を知る良い機会となっている。

 湘南梨は、湘南梨組合に加入する寒川町、海老名市、綾瀬市、大和市の3市1町の生産者が生産する梨。半世紀以上の歴史があり、毎年品評会を開催している(今年は8月20日大和市)。
 

寒川版のトップニュース最新6件

関連記事(ベータ版)

寒川版の関連リンク

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

寒川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年9月22日号

お問い合わせ

外部リンク