寒川版 掲載号:2016年12月2日号
  • googleplus
  • LINE

ケーブル接続技術で「かわさきマイスター」に認定された

宮永 典隆さん

一之宮在住 69歳

海上で世界をつなぐ

 〇…光ファイバ海底ケーブルの接続技術で、川崎市が市内最高峰の匠として贈る称号『かわさきマイスター』に選出された。川崎市の国際ケーブル・シップ(株)に勤務。69歳の今も毎日フルに出勤する。取材したのは表彰式が終わって、受賞の宴席が続く時期だった。「医者からは酒量を少し減らすように言われていますが、毎晩これだけ飲めるということは…」と笑顔で健康体をアピール。会社の祝宴では「社長から体力が続く限りやってくれと言われました。ありがたいことです。長年の努力が実りました」と受賞の喜びを語る。

 ○…今やデジタル化され作業は効率化したものの、仕事を始めた頃はアナログの時代そのもの。まさに「匠」の技術が必要とされる頃だった。当時の海底は同軸ケーブルが主流で、船上で敷設・接続・修復などの工事を行っていた。「そんな時代だからこそ、基礎や応用力がしっかり身についたのだと思います」と当時を振り返る。主に船上で様ざまな現場を経験してきたが、いまでは海底ケーブル接続技術の訓練校で講師を務めるなど、後進の育成指導も大事な役割に。東日本大震災では、太平洋側の光海底ケーブルが多数破損したため、その修復作業にも従事した。

 ○…光ファイバは髪の毛の太さ程度、数ミクロン単位の細かい作業が要求される。かつては顕微鏡を用いて接続作行等を行っていたが、デジタル化が進むとともに、世界統一規格のユニバーサルジョイントが導入され、異国のケーブルでも扱いはラクになったという。「それでも船上での40日間は長い。シケで揺れても作業は中断しません」。国内外を問わず過酷な環境の中で経験を積んできた。

 ○…寒川に住んで約30年。妻の出身地でもある。「昔から手先は器用でした。趣味はプラモデル製作」というが「最終的には孫のおもちゃですけど」と笑う。ビッグスケールのF1カーが見事に仕上げられている。

関連記事powered by weblio


寒川版の人物風土記最新6件

新(あたらし) えりさん

寒川町初の家庭的保育事業に認可された「保育スペース 子どもと扉」代表の

新(あたらし) えりさん

10月20日号

森田 雅己さん

創立30周年を迎えた異業種交流会「ハイテクメイト湘南」の8代目会長を務める

森田 雅己さん

10月6日号

佐藤 舞さん

茅ヶ崎市内唯一の樹木医で、県立茅ケ崎里山公園に勤務する

佐藤 舞さん

9月22日号

田作 有司郎さん

藤沢税務署の署長に就任した

田作 有司郎さん

9月8日号

佐藤 勝則さん

湘南の魅力発見プロジェクト「パッケージデザインワークショップ」で講師を務める

佐藤 勝則さん

8月25日号

伊澤 敏典さん

茅ヶ崎・寒川暴力団排除推進協議会の会長に就任した

伊澤 敏典さん

8月4日号

寒川版の関連リンク

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年10月20日号

お問い合わせ

外部リンク