寒川版 掲載号:2017年2月24日号

寒高に部活ドリーム大賞 教育

吹奏楽部と野球部部長に

受賞を喜ぶ吹奏楽部のメンバー(上写真・後列右は顧問の真壁教諭)。3年生1人で部を引っ張った野球部の岡安部長
受賞を喜ぶ吹奏楽部のメンバー(上写真・後列右は顧問の真壁教諭)。3年生1人で部を引っ張った野球部の岡安部長
 平成28年度かながわ部活ドリーム大賞の受賞者が発表され、寒川高校から吹奏楽部が「かながわ部活アクティブ賞」に、野球部の岡安雅之部長が「かながわ部活キャプテン賞」に輝いた。

 吹奏楽部が受賞した「アクティブ賞」は、校内や地域で地道に活動して、他の部活や生徒の模範となるような活動をした部に贈られる賞。現在は、卒業を目前にした3年生2人が抜けて8人という少人数で活動する同部だが、校内行事はもちろん、コンクール、地域の活動などで頑張り続けたことが評価された。特に地域のイベントでは休日にもかかわらず積極的に参加。舞台プログラムに「寒川高校吹奏楽部」と記された機会が数多く見られ、イベントの運営をボランティアで手伝うこともあり、地域に感謝される存在でもある。

 顧問の真壁宗太郎教諭は「少人数ながらよくやっている」と目を細める。コンクールでは他団体とのコラボで出場することも。朝妻冬偉部長は「知らないうちに受賞することになっていて驚いた」と話し「来年度の新入生にたくさん入部してもらいたい」と今後を見据えた。取材時には自由登校の3年生2人は不在だったが、授賞式には2人が出席したという。県下では8つの部活が受賞した。

 野球部の岡安雅之部長が受賞した「キャプテン賞」は、優れたリーダーシップを発揮したキャプテンに贈られる賞。県下で7人が受賞した。一昨年の夏の大会が終わり新チーム結成当時は同級生が何人かいたが、一人抜け二人抜け、夏の大会には3年生1人で臨むことになった。それでも主戦投手としてチームを鼓舞し続け、惜しくも一回戦で敗退したが、現在の新チームに引き継いだ。岡安部長は3月の卒業式を控え、現在は自由登校。

寒川版のトップニュース最新6件

関連記事(ベータ版)

寒川版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年5月26日号

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/