寒川版 掲載号:2017年8月25日号

学童保育 地域で支える 教育

運動会を寒川RCと合同で

ロータリークラブが運営に協力
ロータリークラブが運営に協力
 第17回寒川学童保育会合同ミニ運動会が8月4日、寒川総合体育館メインアリーナで行われた。

 学童保育会の「6クラブ合同ミニ運動会」は保護者会の主催で17年前から行われてきたが、NPO法人になってから2回目の開催となる今年、寒川ロータリークラブ(以下RC)の協賛で行われることになった。

 金子一茂寒川RC会長は「学童保育の充実は、地域で子どもを育て支える体制作りによる健全な地域社会の確立と、子どもを育てやすい環境を整えることによる女性の社会進出促進、ひいては地域全体の活性化につながっていく」とあいさつした。寒川RCでは、若い世代や子どもたちとの交流促進を今年度の活動方針として掲げている。

 当日は木村俊雄町長や町議会議員も来賓として出席。デカパンリレー、カレーを作ろう、出た目で勝負、チェッコリ玉入れ、クラブ対抗リレーなどの多彩な競技を行い、観覧席では多くの家族が応援する姿が見られた。

関連記事powered by weblio


寒川版のトップニュース最新6件

寒川版の関連リンク

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

寒川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年9月22日号

お問い合わせ

外部リンク