寒川版 掲載号:2017年10月20日号
  • googleplus
  • LINE

寒川町初の家庭的保育事業に認可された「保育スペース 子どもと扉」代表の新(あたらし) えりさん大蔵在住 48歳

子どもが「好き」だからこそ

 ○…9月に寒川町家庭的保育事業の認可が下り、10月1日に保育スペース『子どもと扉』を寒川駅北口徒歩1分の場所に開設した。家庭的保育とは、保育者の自宅などを活用し、家庭的な雰囲気の中で異年齢の子どもを一緒に保育。家庭で兄弟姉妹がともに育つように親しみやすく、それぞれの発達や個性に応じたこまやかな保育が可能となる。「子どもたちが自分を思いやることに誇りを持ち、人と気持ちが通い合うことに喜びを感じる、その育ちに寄り添い、保護者とともに歩んでいきます」と話し、少人数ならではのゆとりをもった環境の中で、一人ひとりに目を配り、きめの細かな保育を心掛けるという。

 ○…根っからの子ども好き。「子どもと一緒にいると楽しい。泣いたとき、ケンカしたとき、すべてが経験値になる。子どもをよく観察して振り返れば、異変に至るターニングポイントがありますね」と快活に語る。この事業を立ち上げる前はベビーシッターの仕事をしていた。藤沢を拠点に活動していたが、依頼者からの信頼が深まり、最終的には港区まで赴くほどの行動範囲だったという。また、発達障害の子どもを預かるデイサービス施設などにも携わり、いじめや不登校に悩む子どもや親との親交も深めた。子どもに関することは「好き」だからこそ積極的だった。

 ○…そんな中、この家庭的保育の事業を立ち上げることを決意した。創業セミナーを受講し、茅ヶ崎市の家庭的保育事業者らから貴重なアドバイスも。「本当に周囲の方々にたくさんのご協力をいただいた。そのおかげで起業することができました。今後は、寒川のお母さん方の手助けになれるような存在になりたい。私の経験を寒川のために活かしていきたい」と話す。

 ○…大の猫好き。「子どもが拾ってきた猫を飼い始めてハマりました」と微笑む。子どもが生き物を大事にしていたそうで、親子で血は争えないようだ。

寒川版の人物風土記最新6件

濱宮 郷詞さん

12月2日の人権フェスタで講演する

濱宮 郷詞さん

11月17日号

杉岡 大暉さん

高卒ルーキーながら主力選手としてベルマーレのJ1昇格に大きく貢献した

杉岡 大暉さん

11月3日号

森田 雅己さん

創立30周年を迎えた異業種交流会「ハイテクメイト湘南」の8代目会長を務める

森田 雅己さん

10月6日号

佐藤 舞さん

茅ヶ崎市内唯一の樹木医で、県立茅ケ崎里山公園に勤務する

佐藤 舞さん

9月22日号

田作 有司郎さん

藤沢税務署の署長に就任した

田作 有司郎さん

9月8日号

佐藤 勝則さん

湘南の魅力発見プロジェクト「パッケージデザインワークショップ」で講師を務める

佐藤 勝則さん

8月25日号

寒川版の関連リンク

イベント一覧へ

越の山自治会が文化祭

越の山自治会が文化祭

24〜26日 同自治会館で

11月24日~11月26日

寒川版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年11月17日号

お問い合わせ

外部リンク