寒川版 掲載号:2017年12月1日号
  • googleplus
  • LINE

寒川町青少年環境浄化推進協議会の会長を務める 松井 忠さん 大曲在住 48歳

正しい知識を教えていく

 ○…青少年をとりまく環境を考え、子どもたちの育成に努めているボランティア団体。県内でも稀なメンバー構成の団体で、寒川町21の団体から一人ずつが集まり、いわば『青少年環境浄化選抜』。35年ほど前に有害図書自販機、捨て看板の完全撤去から始まり、最近では薬物乱用防止の啓発活動を中心に活動している。「活動費も少ない中で皆さんよくやってくれています。工夫しながら活動していきたい、絶対につぶしてはいけない会ですから」と力を込める。寒川全体で総力を上げて取り組む、小さい町寒川らしい活動だ。

 ○…最近では薬物関連の事件報道が少なくなった印象もあるが「確かに報道は少ないとは思いますが、薬物が日本に入ってきている量は変わっていないそうです。つまり、常に危険な状態だということです」。会では町内中学高校の文化祭や産業まつりでの啓発活動、横断幕の設置、視察研修、てんとう虫ポスト(有害図書回収)など、薬物乱用禁止に向けた活動を休むことなく続けている。「私たちの役割は、各団体が行う防止活動の後方支援です。パネルやDVDなどの視覚、聴覚に訴える展示や、薬物の疑似見本を見せたりしています」。地道な訴えの繰り返しが「効果的」との認識を貫いている。「私たちの役目は、地域の大人として正しい知識を教えていくこと。私もこの活動を通して多くの子どもたちとふれあい、大人の役目の大切さを痛感しています」と話し、活動の充実ぶりを窺わせる。

 ○…(有)寒川シート商会代表取締役。ビル設計の仕事に従事した後、父親が経営するこの会社に合流したが、半年後に父親が急逝。「なんとか引き継ぐことができました」。後に寒川青年会議所に所属するなど、町内での活動も力を入れている。

 ○…大のキャンプ好き。学生時代に自転車で北海道を旅したことを機にハマった。いまでは全国の道の駅を車で訪ねながら、気軽なキャンプを楽しんでいる。

寒川版の人物風土記最新6件

濱宮 郷詞さん

12月2日の人権フェスタで講演する

濱宮 郷詞さん

11月17日号

杉岡 大暉さん

高卒ルーキーながら主力選手としてベルマーレのJ1昇格に大きく貢献した

杉岡 大暉さん

11月3日号

新(あたらし) えりさん

寒川町初の家庭的保育事業に認可された「保育スペース 子どもと扉」代表の

新(あたらし) えりさん

10月20日号

森田 雅己さん

創立30周年を迎えた異業種交流会「ハイテクメイト湘南」の8代目会長を務める

森田 雅己さん

10月6日号

佐藤 舞さん

茅ヶ崎市内唯一の樹木医で、県立茅ケ崎里山公園に勤務する

佐藤 舞さん

9月22日号

田作 有司郎さん

藤沢税務署の署長に就任した

田作 有司郎さん

9月8日号

寒川版の関連リンク

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年12月1日号

お問い合わせ

外部リンク