平塚版 掲載号:2017年1月19日号

野鳥写真集「鼓動」を1月9日に出版した

高津 弘人さん

高津創造(株)代表 55歳

感動の大輪打ち上げたい

 ○…思い立ったら即行動の人である。昨年2月、岡崎を流れる鈴川沿いで望遠レンズを構えるシニアの人たちを見かけた。被写体は水面をゆく鳥の群れ。「生きいきとした瞳を輝かせる皆さんにひかれて」と、思わず一行に声をかけていた。写真に収められた野鳥はどれも躍動感に満ち「この素晴らしい作品を多くの人たちに見てほしい」。そんな思いが湧き上がり、写真集を出版した。

 ○…伊勢原に生まれた。幼いころ両親が離婚し、姉が身のまわりの世話をしてくれた。習い事はせず、新聞配達をしながら学校に通う毎日。太宰治や三島由紀夫ら文豪が紡ぐ世界で想像の羽を広げるのが至福の時となり、いつしか小説家を志すようになった。「自分で書くうちに日本語、とりわけ漢字のデザインにほれ込むようになりました」。好きな字は「和」。曲線と画数が少なくそれでいて意味に深みがある。そんな独自の感性が磨かれていった。

 ○…30歳まで小説家の道を目指すも夢はかなわず、翌年、印刷物のデザインを手がける会社「高津創造」を設立した。「形は変われど活字から離れたくない」。そんな一心での船出だった。現在は、大神に事務所を構える。字面や文字数と格闘しながらキャッチコピーを考えるのも大切な仕事で「過去の経験はすべて今に生きています」と充実した表情。愛娘の存在も大きな励みとなっている。

 ○…22歳の時、花火大会の記事を当日の朝刊で読んだ。不慮の事故で亡くなった夫婦とお腹の子供を偲ぼうと、親族が「追悼スターマイン」を打ち上げると知った。「気付いたら新幹線の中でした」。夜の豊橋で赤、白、青の御霊が打ち上がり、亡き息子の名を叫ぶ父の声がかすかに聞こえた。「目に映る美しさやその裏側にある悲哀、そうしたすべてを追い続けなければ」。そんな思いは今も胸に残る。会社は来年25周年の節目。感動を多くの人へ、これから先も「即行動」を続ける。

平塚版の人物風土記最新6件

原 貫太さん

海外で元子ども兵の支援にあたっている

原 貫太さん

3月23日号

岡崎 亮平さん

今シーズンから湘南ベルマーレの選手会長に就任した

岡崎 亮平さん

3月16日号

竹谷 央之(てるゆき)さん

第5回三十路式の実行委員長の

竹谷 央之(てるゆき)さん

3月9日号

安永 享滋さん

花水公民館で日本文学を16年間教えている

安永 享滋さん

3月2日号

原田 燎太郎さん

中国のハンセン病快復村でボランティア活動に取り組む

原田 燎太郎さん

2月23日号

津田 哲平さん

東海大学チャレンジセンターの熊本復興支援プロジェクトでリーダーを務める

津田 哲平さん

2月9日号

070-6485-2640

平塚市宮の前2-3桂エンタープライズビル3F

http://www.pilateslife.net/

<PR>

関連記事(ベータ版)

平塚版の関連リンク

あっとほーむデスク

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年3月23日号

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/