平塚版 掲載号:2017年2月2日号

確定申告を控える平塚税務署の署長

松本 真也さん

横浜市在住 57歳

故郷熊本へのエールに感動

 ○…確定申告が2月16日からスタート。「今年も平塚駅ビルのラスカホールで、申告書の作成・提出会場を設けます。期限内の申告をお願いします」と呼びかける。インターネットで手続きできる電子申告・納税システム「e-Tax」の周知も課題だ。「計算ミスによる修正申告の手間もなくなり、事後の処理も効率化されるので、協力していただければ」と語る。

 ○…高校を卒業後、地元の熊本市内にあった税務大学校に進学。1979年に故郷を離れ、東京国税局に入局した。「父も国家公務員で、近くに就職できると思っていた」と苦笑い。管理徴収部門でキャリアを積み、昨年7月から現職。「難しい事案を皆で協力して成し遂げるようなチームワーク、和が大切だ。明るく風通しの良い職場が実績を上げる」と仕事観を語る。

 ○…平塚税務署に赴任する前日に開催していた七夕まつりへ、妻と娘と連れ立って見物した。「人の多さと七夕飾りの迫力に驚きました」と目を丸くする。昨年震災に見舞われた故郷、熊本へエールを送る飾りを目にして感動した。「昨年末に帰省し、昔遊んでいた熊本城を訪れたら、想像以上の被害でした。悲しい想いだった。早く復興して欲しい」と思いを寄せる。

 ○…デスクワークと数字から解放される週末は体を動かすことが専ら。40歳を過ぎてから仕事にも余裕が生まれ、かねてからの武道への憧れを叶えるべく、近所で見つけた合気道場の門を叩いた。今では黒帯の有段者。「腰痛も治った」と背筋を伸ばす。妻とのテニスも毎週末の日課だ。

 ○…税務署は11月、市役所と一体整備される新庁舎(浅間町)への移転を予定。「駐車場も確保され、税務手続きもワンストップで済むようになります。利便性の向上にあわせ、職員が明るく丁寧な対応、スムーズな手続きを心がけ、地域の納税者から信頼される税務署を目指したい」と物腰柔らかに抱負を述べていた。

関連記事powered by weblio


平塚版の人物風土記最新6件

大関 めぐみさん

「フードバンクひらつか」を立ち上げ、食品ロスと貧困の問題に取り組む

大関 めぐみさん

9月21日号

松浦 貞雄さん

小学生バレーボールクラブ「神田ジュニア」の監督を30年以上務める

松浦 貞雄さん

9月14日号

袴田 明典さん

ピースハウスボランティアの会の会長を務める

袴田 明典さん

9月7日号

田中 弘士さん

「日本六百名山」「日本百高山」を踏破した

田中 弘士さん

8月31日号

桑本 真綾さん

「世界ローラースポーツ選手権大会」に出場する

桑本 真綾さん

8月24日号

中込 孝規さん

「世界とつながるダンス教室」を開校した

中込 孝規さん

8月17日号

平塚版の関連リンク

あっとほーむデスク

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

手作り雑貨を体験制作

手作り雑貨を体験制作

24日 クラフトマーケットで

9月24日~9月24日

平塚版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年9月21日号

お問い合わせ

外部リンク