平塚版 掲載号:2017年3月9日号

円空求めパリから土屋へ 社会

仏国の彫刻家 山田氏に師事

日本特有の道具について熱心に山田氏㊧に質問するシニョレ氏㊨
日本特有の道具について熱心に山田氏㊧に質問するシニョレ氏㊨

 土屋在住の宮彫り師で円空仏を趣味で模刻しながら研究、円空学会常任理事も務める山田匠琳氏に師事するため、遠く仏国のパリから彫刻家のジュリアン・シニョレ氏が訪問、山田氏の彫った仏像のノミ跡や道具などを熱心に見学した。

 江戸時代初期、諸国行脚しながら木彫りの仏像を各地に残した僧、円空について、シニョレ氏は、東京国立博物館で展示されていた作品に強い衝撃を受けたという。インターネットなどで円空仏を調べるうち、山田氏の存在を知った。

 シニョレ氏は「私も当時旅をしていたので、旅をしながら制作する円空に共感を覚えた。一刀一刀に物凄く大きなエネルギーを感じる」とその魅力を語る。

 自身の作品の彫刻過程を収めた短編映画の制作に関わった経験から、かねてから憧憬している円空仏の彫刻過程を映像に収め、日仏共同芸術制作プロジェクト(仏外務省主催)への出展を構想。今後も「花の都」パリから土屋の作業場を訪問し、山田氏から技術を学びたいとしている。
 

平塚版のローカルニュース最新6件

関連記事(ベータ版)

平塚版の関連リンク

あっとほーむデスク

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年4月27日号

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/