平塚版 掲載号:2017年3月9日号

組紐テーマに紙芝居 文化

鈴木さんがコンクール入賞

作品を手に笑顔の鈴木さん
作品を手に笑顔の鈴木さん

 市内浅間町に在住の鈴木惠子さん(63)がこのほど、第10回富山紙芝居コンクール大会で、北日本新聞社奨励賞を受賞した。鈴木さんは平塚てづくり紙芝居の会に所属しており、念願の初入賞となった。

 作品は、色鮮やかな組紐を人間の個性に例えた『色いろいろ』。「私にしか描けない紙芝居を作ろうと思い、12年ほど前から習っている組紐を題材にしました」と鈴木さんは話す。

 着物の帯締めなどに使う組紐は、色とりどりの絹糸を組み合わせて編むもの。同色でまとめれば落ち着いた印象になり、反対色を混ぜると色同士が引き立て合うと感じた鈴木さんは「人間関係も、お互いの良いところを認め合えたら素敵だと伝えたかった」と紙芝居に思いを込めた。

 「物語を空想することや、演劇が好き」という鈴木さん。絵を見せながら声で演じる紙芝居の世界に魅了され、制作歴は30年になる。「今回の入賞を励みに、もっと作品を作りたい」と話していた。
 

紙芝居

関連記事powered by weblio


平塚版のローカルニュース最新6件

平塚版の関連リンク

あっとほーむデスク

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年9月21日号

お問い合わせ

外部リンク