平塚版 掲載号:2017年3月16日号

珠算競技大会

太田和磨君が2冠 文化

見留君は個人総合で優勝

2個のトロフィーを持ち誇らしげな太田君
2個のトロフィーを持ち誇らしげな太田君
 第57回茅ヶ崎珠算競技大会(主催/日本珠算連盟茅ヶ崎支部など)が5日、茅ヶ崎商工会議所で開かれ、太田和磨君(花水小2年)が「読上暗算」「読上算」の2種目で優勝した。

 今大会には平塚、茅ヶ崎、寒川、伊勢原などの小学生から一般まで124人が出場した。年上も多いなか小学3年生以下の部にエントリーした太田君は、5ケタほどの数字を暗算する読上暗算、そろばんを使って計算する読上算で優勝。今年度の大会では50題の四則計算を素早く正確に行う「個人総合」を含めて3度の3冠を達成している。個人総合では満点を取るも8人による同点決勝で惜しくも準優勝となった。優勝は太田君と同じそろばん教室「アバカスACE大貝」(龍城ケ丘)に通う見留和寿君(花水小3年)。

 太田君は「精一杯やれました。次回も頑張ります」と大会を振り返った。

関連記事powered by weblio


平塚版のローカルニュース最新6件

村井弦斎を振り返る

復刻本やまつりで

村井弦斎を振り返る

9月21日号

地元有志で夜空に大輪

健康長寿 各地で祝う

北原白秋の足跡を地図に

海のギャングを燻製に

3戦ぶり完封劇 勝ち点70

ベルマーレ

3戦ぶり完封劇 勝ち点70

9月21日号

平塚版の関連リンク

あっとほーむデスク

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年9月21日号

お問い合わせ

外部リンク