平塚版 掲載号:2017年3月16日号

「3・11」忘れない 社会

ひらつな祭で

ブースで学生から説明を受ける来場者
ブースで学生から説明を受ける来場者

 東日本大震災から6年を迎えた11日、東北の被災地支援と地元の防災力強化を図ろうとする「ひらつな祭」が、紅谷パールロード商店街周辺で催された。

 開催6回目の今回は防災料理や非常時に役立つ物品を販売、東海大学の学生らによる被災地支援活動の紹介など、45団体が集結。特設ステージでは、バンド演奏やダンスなどを披露した。震災が発生した午後2時46分には、参加者全員による黙とうも行われた。

 また、防災の基礎を学んでもらおうと、内閣府の防災担当者による「青空防災ゼミ」が実施されたほか、地震体験車ブースも登場。参加した市内在住の小針靖江さん(52)は、「すごく揺れて怖かった。いつ来るか分からない地震に対する備えを考えさせられた」と話していた。

 同祭実行委員会の能勢康孝会長(56)は、「ひらつな祭は被災地支援や防災力強化のイベント。関わった人全員の行動に、少しでも影響を与えることができたらうれしい」とコメントした。
 

関連記事powered by weblio


平塚版のローカルニュース最新6件

関連記事(ベータ版)

平塚版の関連リンク

あっとほーむデスク

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年7月20日号

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/