平塚版 掲載号:2017年4月13日号
  • googleplus
  • LINE

4月1日付で平塚市消防本部の第19代消防長に就任した

三野(みつの) 末三夫(すみお)さん

田村在住 58歳

働きやすい職場へイクボス宣言

 ○…消防長就任にあたり「責任の重さを感じる。市民の安全のために、消防団をはじめ、市民と密に連携をとりたい」と目標を語る。平塚市の消防職員275人を束ねる。訓示では「イクボス」として、職員が働きやすい職場を幹部が率先して作ること、現状14人いる女性職員が活躍できる環境づくりを求めた。「消防のタテ社会のイメージを払拭していきたい」と意欲をのぞかせる。

 ○…千石河岸で7人兄弟の6番目に生まれた。魚の行商をしていた父親を小学4年生のとき不慮の事故で亡くし、母と父親代わりの10歳上の兄に育てられた。活発な少年で、港小で野球、太洋中でバスケ、サッカーと数々のスポーツに挑戦した。平塚工科高校に進学し、身長178cmと筋骨隆々な体格の良さを買われラグビーに没頭、青春を謳歌した。

 ○…「なるべく早く働き始めて、家族のことを楽にさせてやりたい」と、消防署で勤務する兄の誘いもあり、18歳で消防の道を歩み出す。救急隊に配属され、初仕事は交通事故対応だった。悲惨な事故現場に思わず足がすくんだ。「あの時は先輩の指示に従うのが精いっぱいでした」。40年、地域のために身を粉にして働いた日々を振り返り「特に子供が命を落とすのは心苦しい。仕事だと割り切らなければならないけど、つい親の気持ちで考えてしまう」と顔を曇らせる。

 ○…大のゴルフ好きで、毎月2回のラウンドが息抜き。「なかなか自分の思い通りにいかないが、その分うまくいった時の楽しさは格別」と魅力を語り、「隊長や管理職は全体像を把握して仕事をしなければならない。そういった意味でも、状況を把握しながら楽しむゴルフが生きているのかもね」とにっこり。今年11月に消防本部の機能が市役所本庁舎に移転することを踏まえ、「しっかりと準備を整え、市民に質の高いサービスを提供したい」と地域の防災、救急を司る長として邁進する。

関連記事powered by weblio


平塚版の人物風土記最新6件

杉岡 大暉さん

市立船橋高から今季ベルマーレに加入し、活躍している

杉岡 大暉さん

10月19日号

鈴木 雄介さん

サーフィンフォトグラファーとして平塚の海の魅力を発信している

鈴木 雄介さん

10月12日号

相馬 展之(のぶゆき)さん

オープン1周年を迎える「ららぽーと湘南平塚」の所長

相馬 展之(のぶゆき)さん

10月5日号

里見 邦博さん

10月3日〜8日、市美術館で写真展を開催するJRP湘南支部の支部長

里見 邦博さん

9月28日号

大関 めぐみさん

「フードバンクひらつか」を立ち上げ、食品ロスと貧困の問題に取り組む

大関 めぐみさん

9月21日号

松浦 貞雄さん

小学生バレーボールクラブ「神田ジュニア」の監督を30年以上務める

松浦 貞雄さん

9月14日号

平塚版の関連リンク

あっとほーむデスク

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ハロウィーンを先取り

ハロウィーンを先取り

22日、クラフトマーケットで

10月22日~10月22日

平塚版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年10月19日号

お問い合わせ

外部リンク