平塚版 掲載号:2017年8月3日号
  • googleplus
  • LINE

平塚市中央公民館で8月6日(日)、「フラメンコ・アンダルシア」を公演する

小松原 庸子さん

東京都在住 86歳

フラメンコシーンの礎築く

 ○…華やかでダイナミックに、時に妖しく、寂しげに舞い踊る――。長きにわたり日本のフラメンコシーンを支えてきた第一人者が6日、主宰する舞踊団を率いて公演を行う。構成・演出・振付・美術は全て自らが担当。今年は趣向を変え、本場スペインからダンサーを招致するという。「辛いことが多い世の中ですが、綺麗で情熱が詰まった踊りで元気を与えたい」と話す。

 ○…常盤津の師匠だった父を持つ邦楽一家の長女として、東京・柳橋(現在の台東区)に生まれた。日本舞踊やバレエ、演劇に打ち込み、フラメンコとの出会いは28歳のときだ。「当時来日していたピラール・ロペスの日本公演を見て、その美しさとドラマ性、人間の生きていく姿が表現されていたことに衝撃を受けました」。1962年に単身でスペインに飛び、現地の舞踊団に入団、数年にわたる修行を経て帰国した後は「スペイン舞踊研究所」を都内に開所した。指導者として数々の生徒を育成しながら、自らも演者として日本のフラメンコシーンをけん引してきた。

 ○…「湘南の人は親切で優しい人が多い。大好きな場所です」。今年3月には、二宮町にあった教室を市内松風町に移した。クラスでは基本から本格的な踊りまで細やかに指導。国内外を公演で飛び回る多忙人だが、自身も月に2度ほど足を運び、教鞭をとっている。「自分が今まで体験してきたことを表現することがとても大切。歌や踊りで感情を表してもらいたい」と思いを寄せる。

 ○…芸能の世界に長く携わったからこそ、舞台芸術に対する思いは人一倍強い。例えば地方公演では、冒頭に踊りの楽しみ方やリズムの大切さなどを説く時間を設けている。「全く知らない人でも鑑賞を楽しんでもらいたい」という思いから生まれた仕掛けだ。「フラメンコはただ単純に踊っているのではない。人間の喜怒哀楽が詰まった、ドラマティックな芸術なんです」

関連記事powered by weblio


平塚版の人物風土記最新6件

鈴木 雄介さん

サーフィンフォトグラファーとして平塚の海の魅力を発信している

鈴木 雄介さん

10月12日号

相馬 展之(のぶゆき)さん

オープン1周年を迎える「ららぽーと湘南平塚」の所長

相馬 展之(のぶゆき)さん

10月5日号

里見 邦博さん

10月3日〜8日、市美術館で写真展を開催するJRP湘南支部の支部長

里見 邦博さん

9月28日号

大関 めぐみさん

「フードバンクひらつか」を立ち上げ、食品ロスと貧困の問題に取り組む

大関 めぐみさん

9月21日号

松浦 貞雄さん

小学生バレーボールクラブ「神田ジュニア」の監督を30年以上務める

松浦 貞雄さん

9月14日号

袴田 明典さん

ピースハウスボランティアの会の会長を務める

袴田 明典さん

9月7日号

平塚版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年10月12日号

お問い合わせ

外部リンク