平塚版 掲載号:2017年8月10日号

夏の甲子園開幕

晴れの代表校に平塚からエール スポーツ

津田学園(三重)元監督 八木 崇文さん 東海大菅生(西東京)OB 小川 祐樹さん

 三重代表として初めて夏の甲子園に挑む津田学園。平塚学園野球部を指揮する八木崇文さん(38)は大学卒業後、社会科教諭として津田学園へ赴任し、2001年8月から同校野球部の監督に就任した。

 当時23歳の青年監督だったが、見事チームを翌春のセンバツ大会に導き、甲子園では札幌日大に勝利した。自身も法政二高の投手として神奈川から甲子園を目指したが、その夢はかなわなかった。「監督として臨んだ甲子園は予想以上の夢舞台でした」と振り返る。

 津田学園を離れ、平塚学園野球部の監督に就いたのは08年。毎年5月には津田学園との練習試合を大磯町の専用グラウンドで行っている。「今年はとくに強いな、と思った」と津田学園の甲子園初切符に納得の表情。一方の平塚学園は16強でこの夏を終えた。

 現在、新チームは秋季県大会で3位以上をめざし、その先にある関東大会、来年のセンバツ大会出場を見据え練習の毎日を送る。

 「津田学園には素直におめでとうございますと言いたいですね。平学も負けてられませんよ」。100回記念大会となる来夏は神奈川から2チームが甲子園の土を踏むことができる。20年ぶり2度目の「夢舞台」を目指して平塚学園の挑戦は続く。

 4年連続で西東京大会の決勝に進み、清宮幸太郎を擁する早稲田実業を下した東海大菅生。歓喜の瞬間を平塚の海で迎えたのが、OBの小川祐樹さん(20)だ。

 2014年(96回大会)の西東京大会を「8番中堅手」として戦った小川さん。この年の東海大菅生はシード校として優勝候補にも挙げられ「周囲の期待は相当でした」。決勝の相手は同じく優勝候補の日大鶴ヶ丘。「夢の甲子園まであと一勝」という苛烈なプレッシャーのなか、試合開始のサイレンは鳴った。

 同点で迎えた九回裏の二死一・二塁、センターを守る小川さんの目には何度もサインに首を振る味方投手の姿。その直後の一球がレフトに跳ね返され、最後の夏が終わった。「悩んだ末の最善の一球だったと思うんです。悔いはないですよ」。準優勝メダルを手に今は笑顔で振り返ることができる。

 現在、平塚の海でライフセーバーを務め監視長を任されている。「都大会決勝も見に行きたかったし、甲子園にも行きたいですが、今は海水浴客の皆様を守るのが自分の使命」と頼もしい。

 4度目の正直で大願成就してくれた後輩たちをいつも誇りに思っている。ビーチに流れるラジオ中継を聞きながら、甲子園で戦う後輩たちにひそかにエールを送るつもりだ。
 

八木崇文さん(38)現・平塚学園野球部監督。23歳で津田学園野球部の監督に就任し、翌年チームを春のセンバツ大会へと導いた。甲子園では一勝をあげている。
八木崇文さん(38)現・平塚学園野球部監督。23歳で津田学園野球部の監督に就任し、翌年チームを春のセンバツ大会へと導いた。甲子園では一勝をあげている。
小川祐樹さん(20)清宮擁する早実を破った東海大菅生のOB。3年前の西東京大会では鉄壁の守備で準優勝に貢献。現在はライフセーバーとして平塚の海を守る。
小川祐樹さん(20)清宮擁する早実を破った東海大菅生のOB。3年前の西東京大会では鉄壁の守備で準優勝に貢献。現在はライフセーバーとして平塚の海を守る。

関連記事powered by weblio


県中央エリアを完全網羅

神奈中タクシーのスマホ配車アプリが誕生!音声自動受付サービス配車もスタート!

http://kanachu-taxi.co.jp/

<PR>

平塚版のローカルニュース最新6件

平塚の未来 高校生が提言

事前準備を重ねまちに向き合う

平塚の未来 高校生が提言

8月17日号

はじめての寄席鑑賞

接客の心得学ぶ

接客の心得学ぶ

8月17日号

「熱中症」今夏も急増中

豪華な大輪 湘南海岸彩る

新振付でダンス披露

平塚版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年8月17日号

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/