平塚版 掲載号:2017年9月14日号
  • googleplus
  • LINE

平塚市崇善公民館整備へ予算補正10年リース方式で約4億円

政治

建築予定地の見附町駐車場
建築予定地の見附町駐車場
 見附台周辺地区整備事業について、平塚市は8日、崇善公民館と市民活動センターを合築した建物を先行整備するとして、現在開会中の市議会定例会に一般会計補正予算案を追加提出した。

 市によると、建物は早期整備の可能なリース方式とし、民間企業が建設して市が賃料を払って使用する仕組み。予算案では2017年度〜28年度までの債務負担行為を設定、総額約4億300万円の賃借料を計上した。29年度以降は、市の所有とする見通し。

 想定している建物は重量鉄骨造2階建で、敷地面積約1482平方メートル。1階に崇善公民館を配置し、2階には八重咲町にある市民活動センターを移す。設備は前施設同様の機能を想定し、同公民館にはホールや会議室、調理室などを整備。同センターには、ミーティングスペースや会議室、キッズルームなどを配置する。

 整備スケジュールは、今年10月に入札、11月に基本・実施設計を行い、来年6月に着工。19年4月の供用開始を目指す。

 見附台周辺の整備事業は、約2・5haの市有地に公共施設や商業施設を建設する計画。現在の市民センターを解体し、見附台広場に(仮称)新文化センターを再整備する。錦町駐車場には民間商業施設の立地を想定し、地代収入で整備費用の公費負担を軽減させる手法を検討している。

平塚版のトップニュース最新6件

鑑賞の常識打ち破れ

美術館

鑑賞の常識打ち破れ

11月16日号

「最適席数」有識者が議論

新文化センター

「最適席数」有識者が議論

11月16日号

全国と県平均下回る

全国学力学習調査

全国と県平均下回る

11月9日号

J2優勝 ホームで歓喜

湘南ベルマーレ

J2優勝 ホームで歓喜

11月2日号

リトアニア選手団が平塚へ

宴の「激戦区」どこ選ぶ

平塚版の関連リンク

あっとほーむデスク

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

民俗芸能を鑑賞

民俗芸能を鑑賞

中央公民館で19日

11月19日~11月19日

平塚版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年11月16日号

お問い合わせ

外部リンク