平塚版 掲載号:2017年9月21日号
  • googleplus
  • LINE

宿場町の交流図る

文化

「東海道シンポジウム連絡会」で

平塚あきんど塾のメンバーらが参加
平塚あきんど塾のメンバーらが参加
 東海道の宿場町として栄えた市区町村同士の連携や交流を図ろうと、ひらつか市民活動センターで13日、「東海道シンポジウム連絡会『東京・神奈川ブロック大会』」が開催された。

 当日は東京都品川区から小田原市までの9宿場から、約60人が参加。各地の宿場まつりやイベント情報などを報告し、交流を深めた。

 7番目の宿場町として、同会議に初参加した平塚市は、落合克宏市長や福澤正人市観光協会会長、地元商店主団体「平塚あきんど塾」(鈴木崇会長)のメンバーらが出席。七福神や七夕まつりなどの観光事例を示し、平塚の魅力をPRした。

 同会議を主催したあきんど塾の内田潤さんは、「平塚にとってこの機会は今までになかったこと。今回の会議を通じて、東海道を意識したまちづくりの皮切りになれば」と話していた。

関連記事powered by weblio


平塚版のローカルニュース最新6件

平塚版の関連リンク

あっとほーむデスク

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ハロウィーンを先取り

ハロウィーンを先取り

22日、クラフトマーケットで

10月22日~10月22日

平塚版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年10月19日号

お問い合わせ

外部リンク