平塚版 掲載号:2017年11月2日号
  • googleplus
  • LINE

サンマから命学ぶ白鳥幼稚園で食育学習

教育

箸を使って熱心に小骨を取る園児ら
箸を使って熱心に小骨を取る園児ら
 白鳥幼稚園(渥美直美園長)で10月26日、サンマを使った食育学習が実施され参加した192人の園児が旬の味覚を楽しんだ。

 およそ100匹のサンマを炭火で焼き白い煙が食欲を誘うなか、園庭では給食室のスタッフによる「命の授業」が行われた。生のサンマを手に取りながらその生態や旬について学んだ園児たちは、講師から「いただきます」の意味についても説明を受けた。「生きていたサンマを食べるというのは、命を『いただきます』ということなんだよ」と説明されると、子供たちは「感謝しなくちゃ」と背すじを伸ばしていた。

 その後教室に移動し、全員で感謝の「いただきます」をした園児たちは、焼き立てのサンマを美味しそうにほお張った。年長組の宮川陽太君(5)は「きれいに骨が取れてうれしい。焼きたてのサンマはとても美味しかったです」と笑顔で話していた。

平塚版のローカルニュース最新6件

平塚版の関連リンク

あっとほーむデスク

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年11月16日号

お問い合わせ

外部リンク