平塚版 掲載号:2017年11月9日号
  • googleplus
  • LINE

(株)フリーデン三ツ星の味を児童へ南原小でふれあい給食

教育

高野工場長(中央)を囲んだ給食の様子
高野工場長(中央)を囲んだ給食の様子
 南原小学校(林正人校長)で6日、南金目に本社を構える(株)フリーデンが同校4年生児童45人を対象に「ふれあい給食」を行った。

 これは同社が子供たちに養豚業や食肉加工の理解を深めようと取り組んでいる地域貢献事業のひとつ。当日は、「食品のミシュラン」とも呼ばれるiTQi(国際味覚審査機構)で3年連続「三ツ星」受賞のやまと豚を使ったウインナー550本を寄贈、給食で振る舞われた。

 給食前には同社の高野圭工場長(42)が講師となり、講話を実施。同社の歴史や六次産業の取り組みを紹介。なかでも児童らは、ウインナーの製造過程に興味を見せ、「1日に何本のウインナーを作っているの」「どのくらいの豚肉を使うのか」など、多くの質問を寄せていた。

 給食には高野工場長のほか同社関係者も出席。児童らは、メニューに盛り付けられたウインナーをコッペパンに挟んで頬張り、「美味しい」「皮がぱりぱり」などと声を弾ませていた。

 高野工場長は「国産ブランド豚の美味しさが将来を担う子供たちの記憶に残ってくれたらうれしい」と話していた。

平塚版のローカルニュース最新6件

優勝の舞台裏で国際化の風

大空襲の記憶語り継ぐ

端戸が執念の同点弾

ベルマーレ

端戸が執念の同点弾

11月16日号

土沢中生が「1日大学生」

ご当地キャラに一票

ダブルスで準優勝

市内出身穂積さん

ダブルスで準優勝

11月16日号

平塚版の関連リンク

あっとほーむデスク

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年11月16日号

お問い合わせ

外部リンク