平塚版
最新号:2017年9月14日号

[0]ホーム [1]地域トップ [2]地域選択


湘南平で「ご当地ウエディング」
民間事業者ら企画
8月24日号

フォトウエディングの様子(fastlane提供)

 平塚が誇るデートスポットで愛を誓おう――。市内の民間事業者らが「湘南平フォトウエディングプロジェクト」(相原未沙代表)を企画、今年9月からの「開業」に向けて準備を進めている。平塚らしい「ご当地結婚式」を挙げてもらうというユニークな取り組みだ。

 同プロジェクトは、湘南平のレストラン「Flat」の相原伸美さん・未沙さん、市内でイベント企画や司会業を営む竹本有希さん(Hearty Time代表)、カメラマンの鈴木圭介さん(fastlane)、が協力。湘南平を会場として、ウエディングプランの作成や写真撮影、友人や親族を招く食事会などのパッケージを提供する。

 「湘南平という身近で思い入れのある場所で挙げてほしい」と、竹本さんらは昨年夏に同プランを立案。準備の大変さや費用面で披露宴離れが見られることもあり、「低コストだけどおしゃれなウエディング」にこだわった。市が民間事業者をサポートする制度「産業間連携ネットワーク」を活用し、今年5月にプロジェクトを立ち上げた。

 「式が小規模でも、温かみのあるものにしたい」と竹本さん。会場の湘南平は「県の景勝50選」に選ばれる有数の観光スポットとして知られ、湘南エリアを一望できる地の利を持つ。展望台から眺望するテレビ塔など、フォトスポットも多数存在することから、写真を中心に思い出作りをする「フォトウエディング」の舞台に最適だという。

 メーンの食事会は「Flat」で実施する。オードブルやメインディッシュなどは、平塚産の魚や野菜をふんだんに使用。季節に合わせた一品を提供する。

 6月には希望者向けの内覧会を開催、参加した約20人から好評を得たという。現在は9月から式が催されるよう準備を進めている最中だ。挙式希望者の募集も開始しており、竹本さんは「平塚を知っている4人だからこそ、サポートできるものがある。この結婚式をスタートに、湘南平で新しい思い出を作ってもらえたら」と思いを寄せていた。

 プロジェクトの問い合わせは、Hearty Time・竹本さん【携帯電話】070・4403・3181【メール】info@heartytime.net、またはFacebookページ「湘南平フォトウエディングプロジェクト」へ。




平塚版のトップニュース最新3件

[メモ]千畝の功績 風化防げ 9月14日号
[メモ]崇善公民館整備へ予算補正 9月14日号
[メモ]優勝奪還めざし参戦 9月 7日号

トップニュースの一覧へ

[0]ホーム
[1]地域トップ
[2]地域選択
[グッド]ページトップへ

(C) 2017 TOWNNEWS-SHA CO.,LTD.