大磯・二宮・中井版 掲載号:2017年3月10日号
  • googleplus
  • LINE

(PR)

ドコモショップららぽーと湘南平塚店

人命救うスマホ 災害時に大活躍

13日(月)〜17日(金) スマホ未所持者限定の教室

 東日本大震災から今年で6年。いまだ復興の道は程遠い。震災当時、大きな力を発揮したのがスマートフォン(以下スマホ)だった。情報収集から娯楽まで、人々の心に安らぎを与えた。スマホはいかにして人命を救ったのだろうか。

 東北地方を中心に襲った東日本大震災。沿岸部に津波が押し寄せ、かけがえのない日常や尊い命を奪った。電話回線が引き裂かれ、連絡手段は寸断された。

 電話回線より早くインターネット回線が復活した。

 人々は「今の震度は」「津波はくるか」「食べ物はどこに」「お風呂は」などネット検索を活用。怪我などで文字入力が困難でも、音声検索で情報収集に奔走した。

 SNS上では、自身の情報を発信し、様々な情報が飛び交った。避難所の場所や炊き出しの時間、被害状況、復興ボランティアの呼びかけ―。短文投稿型SNSのTwitter(ツイッター)に投稿された救援要請を見た救助隊が出動、446人の命が救われた事例もあった。

 スマホは避難所でも活躍した。子供のケアのために動画サイトでアニメを見たり、離ればなれになった家族や友人の安否を確認したり、震災で傷ついた心に安らぎが生まれた。

 震災から1カ月後、スマホの重要性が再認識され、買い替えの動きが促進。携帯電話全体のスマホ割合が初めて50%を超えた。

 備えあれば憂いなし。震災から6年を迎えた今こそ、防災を見直してみては。

スマホに触れて実感SNS大きな可能性

 東日本大震災時は回線基地局を整備し、いち早く電話回線復帰に尽力したドコモ。このたび、スマホ未経験者向け教室「らくらくスマホ教室」を開催する。

 次回は3月13日(月)・14日(火)・15日(水)・16日(木)・17日(金)に、ららぽーと湘南平塚(天沼10の1)3階のドコモショップで催される。

 富士通のプロ講師が、スマホの使い方や震災時に役立つSNS、情報収集のポイントなどを解説する。時間は【1】11時〜【2】13時〜【3】15時〜。各回定員8人、参加費無料。事前予約が必要。

 申し込み・問い合わせは、ドコモショップららぽーと湘南平塚店【フリーダイヤル】0120・260・455へ。

ドコモショップららぽーと湘南平塚店

神奈川県平塚市天沼10-1 ららぽーと湘南平塚 3階

TEL:0120-260-455

https://www.nttdocomo.co.jp/

大磯・二宮・中井版のピックアップ(PR)最新6件

”聞こえ”無料相談会

パナソニックの補聴器専門員

”聞こえ”無料相談会

10月13日号

迫力の山車が集結

南足柄市

迫力の山車が集結

10月13日号

お子さん・お孫さんと聴いて、歌って、踊ろう

0歳から参加・体験OK 10月14日 参加無料

お子さん・お孫さんと聴いて、歌って、踊ろう

10月6日号

家族で”秋”を満喫

大磯で自分らしく暮らす

介護付きホーム

大磯で自分らしく暮らす

9月29日号

暮らしを遊ぶ 憩いの住まい

大磯・二宮・中井版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年10月13日号

お問い合わせ

外部リンク