大磯・二宮・中井版 掲載号:2017年7月28日号

2017年度吹奏楽コンクールの課題曲を作曲した

西山 知宏さん

大磯高校出身 41歳

全国コンクールで響けマーチ

 ○…「コンクールで演奏されるのはとても光栄なこと。全国の舞台で、自分の曲がどのように演奏されるのか今からワクワクします」と語る。10月に愛知県などで開催される「全日本吹奏楽コンクール」の課題曲に自作の曲が選ばれ、全国の中学生から社会人までのアマチュア楽団が予選で演奏する。全日本の舞台で、曲がどのように料理されるのかを待ち遠しく思う。

 ○…中学校の部活で吹奏楽部に入り、「部活見学で見て一番目立っていたから」とトランペットを相棒に選んだ。演奏だけでなく楽譜を書くのも好きだったといい、作曲にも挑戦。大学時代には、大磯高校の卒業生有志で楽団「大磯ウインドアンサンブル」を結成した。現在も平塚市役所で勤務する傍ら、休日になれば大磯ウインドで活動している。「演奏が下手になったらおしまい。今が一番上手だと思って練習しています」という筋金入りのトランぺッターだ。

 ○…課題曲の応募は今回が4度目。4年前、「学生時代から馴染みのあったコンクールで曲を出してみよう」と初挑戦したが、3次審査で落選した。翌年は2次、さらに翌年は1次止まりに終わった。「自分の中での曲の出来と審査結果が反比例していって、何を書いていいのか分からなくなった」と挑戦は暗中模索。ラストチャンスと決めた今作「マーチ『春風の通り道』」は、約5カ月の推敲を重ねた力作だ。「躍動感があり、春らしく明るい行進曲」と胸を張る。

 ○…大磯ウインドでも全日本の出場を目指し、8月の県大会に臨む。「今年は自作の曲を演奏する立場なので、プレッシャーがすごい」と胸中を吐露する。楽団の設立20周年と重なることもあり、練習にも今まで以上に身が入る。「もっと曲の表現法にこだわりたい」と不断の努力を重ねる先に、青春時代を捧げた吹奏楽の集大成が待つ。大会でも、仲間とのアンサンブルを高らかに奏でる。

関連記事powered by weblio


大磯・二宮・中井版の人物風土記最新6件

小松原 庸子さん

平塚市中央公民館で8月6日(日)、「フラメンコ・アンダルシア」を公演する

小松原 庸子さん

8月4日号

田中 恵里子さん

なかい里都(さと)まちCAFEのマネージャーを務める

田中 恵里子さん

7月21日号

鵜飼(うがい) 典男さん

公益社団法人神奈川県薬剤師会の第24代会長に就任した

鵜飼(うがい) 典男さん

7月14日号

志田 涼介さん

大磯海水浴場の監視長を務める

志田 涼介さん

7月7日号

増井 峰夫さん

平塚歯科医師会の会長に就任した

増井 峰夫さん

6月30日号

湊 恭太さん

木工家具の制作を行う

湊 恭太さん

6月23日号

大磯・二宮・中井版の関連リンク

あっとほーむデスク

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年8月11日号

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/