大磯・二宮・中井版 掲載号:2017年9月1日号

U-15全国大会

兄妹ボクサー V射程 スポーツ

大磯の北野武郎君、日和さん

兄の武郎君と妹の日和さん
兄の武郎君と妹の日和さん
 兄妹でボクシングを習う大磯中学校1年の北野武郎君と大磯小学校5年の日和さんが、9月3日に東京・後楽園ホールで開催される「U-15ボクシング全国大会」に揃って出場する。平塚市のジム「チームテンカウント」でトレーニングを積む2人は、「アベックV」を目指して拳に磨きをかける。

 15歳以下を対象にした全国大会として2008年に始まり、今年で10回目。各地区の予選を勝ち抜いた代表が顔を揃え、体重別階級で決勝を争う。武郎君(中学男子35キロ級)は3年連続の出場で、選手数が少なく予選がなかった日和さん(小学女子27・5キロ級)は初めての全国挑戦がリングでの「初陣」だ。

 武郎君は、プロボクサーだった父・良さん(38)の勧めで小学1年からボクシングを始めた。大磯運動公園で走り込みやミット打ちをこなして基礎を習得。3年生の時にジムに入会した。良さんの目には「一つのことに長く取り組むのが苦手なタイプ」と映っていたが、ボクシングだけは別だった。親子二人三脚のトレーニングで培ったスタミナで小柄な体格をカバーし、足を使ったボクシングでカウンター狙いのボクシングスタイルを貫く。

 難聴のハンディキャップを抱える日和さんは「学校で男の子にからかわれるのが嫌で、見返してやりたかった」と、武郎君と同じ3年生でジム生に。ピアノやテニスを習っている友人からは物珍しがられることもあるが、「運動神経がよくなったし、男の子に負けないくらい強くなれた」と額の汗を拭う。ジムには同い年の女子生徒もおり「一緒に練習できるからうれしい」とはにかむ。

 「ゲームよりもボクシングが好き」と口を揃える2人を、良さんは「プロよりも真面目に練習している。ボクシングは個人競技で自分との闘い。心身共に成長していることを実感します」と見守る。将来は世界チャンピオンが夢という武郎君は「KOで勝ちたい」、日和さんも「緊張するけど、TKOで日本一が目標」と闘志を燃やしている。

関連記事powered by weblio


大磯・二宮・中井版のトップニュース最新6件

防災の共通認識図る

二宮中

防災の共通認識図る

9月15日号

県の未病ブランドに

アンチロコモ

県の未病ブランドに

9月15日号

陶芸の名匠偲び遺作展

大磯町のギャラリー

陶芸の名匠偲び遺作展

9月8日号

初の県ベスト8

二宮高女子サッカー部

初の県ベスト8

9月8日号

東関東 響け熱演

国府中

東関東 響け熱演

9月1日号

若々しくラウンド誓う

中井町の夫妻2組

若々しくラウンド誓う

8月25日号

大磯・二宮・中井版の関連リンク

あっとほーむデスク

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年9月15日号

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/