大磯・二宮・中井版 掲載号:2017年10月6日号
  • googleplus
  • LINE

公共施設のあり方検討

社会

二宮町でワークショップ

公共施設の課題を話し合う参加者
公共施設の課題を話し合う参加者
 二宮町の公共施設の再編と町有地有効活用について考える第3回目のワークショップが9月30日、町民センターで開かれた。

 有識者の基調講演と東海大学大学院生による研究発表が行われ、参加者が公共施設の管理運営などをテーマに意見を交換。施設ごとに異なる予約方法の統一化に向けて「パソコンやスマホなどで空き状況が一目で分かると便利」という意見などが出た。民間との連携や受益者負担の適正化に関する課題も話し合った。 

 町は、公共施設の総延床面積を35%削減する目標などを盛り込んだ「公共施設再配置・町有地有効活用実施計画策定方針」を踏まえ、10月までに町民ワークショップを全5回開催。今年度中に実施計画を策定する。

関連記事powered by weblio


大磯・二宮・中井版のローカルニュース最新6件

大磯・二宮・中井版の関連リンク

あっとほーむデスク

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「うつわ」巡り楽しんで

「うつわ」巡り楽しんで

大磯町内49会場に展示

10月27日~10月29日

大磯・二宮・中井版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年10月20日号

お問い合わせ

外部リンク