大磯・二宮・中井版 掲載号:2017年10月13日号
  • googleplus
  • LINE

設立15周年を迎えた大磯町太極拳協会の理事長を務める

中沢 司郎さん

大磯町西小磯在住 76歳

「継続の力」で太極拳振興

 ○…大磯町内に11ある太極拳教室を束ねる町太極拳協会の理事長を務める。「人口比でいったら平塚や鎌倉よりも多いほど」とシニアを中心に140人近い会員を抱え、熱心な愛好者に支えられて設立15年の節目を迎えた。「いくつになっても楽しめるのが一番の魅力」と、喜寿を目前に控えた今も太極拳一筋。セカンドライフを楽しもうと62歳から始めた趣味のおかげで「肩こりや足の冷えもすっかり良くなりました」と、血色のいい頬を緩ませる。

 〇…エンジニアを夢見て大学の機械工学科で学び、卒業後は船舶のディーゼルエンジンを製造する企業に就職した。「でも任されたのは品質管理の現場。作業員の仕事をチェックするために工場内を歩き回りましたよ」と笑う。所属部署では中学校を卒業した職業訓練生の指導も担い、興味を持ったのが教育の世界。会社を退職すると再び大学の門をくぐり、教員免許を取得した。

 〇…創立間もない平塚西工業技術高校に赴任したのは24歳のとき。大学で打ち込んだ経験を生かして軟式野球部を立ち上げ、空手部の顧問も務めた。子どもたちを指導するために自らも空手を始め、三段を取得するほどの腕前に。多感な高校生を相手に衝突することもあったが、夢を背負い巣立っていく教え子に自らの学生時代を重ねた。巣立ちを見守った生徒は数知れず「結婚式にも30回は呼ばれたでしょうか」と懐かしむ。

 〇…昨年からは所属教室の「こゆるぎ太極拳」で講師に就任した。穏やかな物腰の中に筋の通った武道精神を宿すベテランは、「楽しく和気あいあい」をモットーに奥深い太極拳の魅力を伝える。理事長に就いて6年目に入り「町との交流を深め、協会の活動を広げたい」という組織の展望もある。教員時代、生徒たちに伝え続けた「継続してやり遂げたことが、きっと財産になる」という教えを、太極拳と向き合う自身の胸にも刻む。

関連記事powered by weblio


大磯・二宮・中井版の人物風土記最新6件

岡村 友太郎さん

「第7回大磯うつわの日」の実行委員長を務める

岡村 友太郎さん

10月20日号

山内(やまのうち) みどりさん

やまゆり合唱団の指導者を務める

山内(やまのうち) みどりさん

10月6日号

白井 弘恭さん

「二宮野鳥の会」の副会長を務める

白井 弘恭さん

9月29日号

松嶋 誠さん

大磯警察署長に就任した

松嶋 誠さん

9月22日号

西野 多聞さん

バレーボールのJOCジュニアオリンピックカップ神奈川県代表に選ばれた

西野 多聞さん

9月15日号

田原 靖夫さん

梅沢海岸の清掃活動「うみぴか」の発起人となった

田原 靖夫さん

9月1日号

大磯・二宮・中井版の関連リンク

あっとほーむデスク

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「うつわ」巡り楽しんで

「うつわ」巡り楽しんで

大磯町内49会場に展示

10月27日~10月29日

大磯・二宮・中井版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年10月20日号

お問い合わせ

外部リンク