大磯・二宮・中井版 掲載号:2017年11月3日号
  • googleplus
  • LINE

旧吉田茂邸「迎賓館として活用を」河野外相が意向示す

政治

金の間で並ぶ河野大臣(左から2番目)とクリスチャン大統領(同3番目)ら(大磯町提供)
金の間で並ぶ河野大臣(左から2番目)とクリスチャン大統領(同3番目)ら(大磯町提供)
 大磯町の旧吉田茂邸で10月23日、河野太郎外相とミクロネシア連邦のピーター・マーティン・クリスチャン大統領が懇談した。河野外相は復元された旧吉田邸を外交儀礼の場として活用したい意向を示しており、今回の国賓訪問を契機に迎賓館としての機能が備わるよう働きかけていく方針。

 懇談には金の間が使用され、クリスチャン大統領のほか同国外相らが出席した。町によると、金の間が一国の大統領をもてなす席として使われた公式な記録は残っておらず、今回が初という。

 クリスチャン大統領らは中崎久雄大磯町長の案内で邸内を見学し、ローズルームでの会食では大磯プリンスホテルから提供された和食のフルコースが振る舞われた。クリスチャン大統領は、富士山が見える眺望などを気に入った様子だったという。

 河野外相は、懇談前に平塚市内で行った衆院選の当選あいさつのなかで、「(旧吉田邸が)様々な方が来たときにお泊りいただける、ちょっと離れた湘南の迎賓館みたいな使い方ができるようになったら」と話し、「私が外務大臣のときに道筋をつけたい」との考えを明らかにしていた。

 旧吉田邸は、吉田首相が昭和19年ごろから42年まで本邸として利用。存命中には、今上天皇皇后両陛下や元西ドイツのアデナウアー首相など国内外の要人が訪れ、没後は大平正芳首相とカーター大統領の日米首脳会談が開かれるなど、戦後政治の舞台にもなった。

大磯・二宮・中井版のローカルニュース最新6件

大磯・二宮・中井版の関連リンク

あっとほーむデスク

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年11月17日号

お問い合わせ

外部リンク