小田原版 掲載号:2012年9月22日号

土俵開きで新スタート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
真新しい土俵で模範演技を披露
真新しい土俵で模範演技を披露

 旭丘高校の久野キャンパスに、このほど土俵が完成、9月12日に土俵開きが行われた。

 土俵開きは土俵場で悪いことが起こらないようにと祈願する清めの儀式。公開授業という形で実施され、相撲部の生徒6人を中心に相撲の授業を受講している3年生や教員らが参加した。儀式では献酒や清め塩が行われ、昆布や勝ち栗、スルメなどの縁起物が供えられた。式後には相撲部の模範演技が披露された。

 同校では総合学科の授業に相撲を取り入れているほか、2年前に相撲部を設立。これまで授業はマットの上で、部活動ではグラウンドに石灰で円を描き、土俵に見立てて稽古を行ってきた。屋外での稽古のため、炎天下や雪など気候に左右されてきたという。同部の千葉醇也主将は「本当にありがたい。しっかり稽古を積んで頑張っていきたい」と表情を引き締めた。
 

関連記事powered by weblio


小田原版のローカルニュース最新6件

クリスマス/アベマリア

12月23日(土)サンクトベルグ室内合奏団公演

http://kintaromirai-hall.com/

<PR>

小田原版の関連リンク

※クーロン株式会社より、コメントシステム「QuACS」のサービスを停止する旨連絡を受けたため、「QuACS」のサービスを休止させていただきます。

あっとほーむデスク

小田原版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

不登校・ひきこもりを「超える」

不登校・ひきこもりを「超える」

講演と体験談11月25日に

11月25日~11月25日

小田原版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年11月18日号

お問い合わせ

外部リンク