小田原版 掲載号:2013年5月11日号

風しん予防接種に助成 社会

15日から開始

 神奈川県の「風しん非常事態宣言」を受け小田原市では、5月15日から風しんの予防接種費用を一部助成する。実施期間は2014年3月31日まで。

 免疫を持たない女性が妊娠初期に風しんに感染すると、難聴や心疾患、白内障など先天性風しん症候群の子どもが生まれる可能性がある。妊娠中は予防接種が受けられないため、妊娠前に接種を受けておくことが重要となる。今回の助成は県の補助制度を活用し、妊婦への感染拡大と先天性風しん症候群の発生の防止を目的に行われる。

 助成対象は、風しんに罹患したことがない19歳以上の人で【1】妊娠を予定または希望している女性【2】妊娠している女性の配偶者【3】【1】の配偶者のいずれか。過去に風しん予防接種を2回受けた人は対象外となる。

 助成金額は、麻しん風しん混合ワクチンは8000円、風しん単独ワクチンは4000円。取扱医療機関での個別接種となり、接種費用と助成金額の差額は、自己負担額として医療機関に支払う。小田原市では1200人の接種を見込んでいる。なお小田原保健福祉事務所管内の今年に入っての累計患者数は4月28日現在で12人となっている。
 

関連記事powered by weblio


小田原版のローカルニュース最新6件

小田原版の関連リンク

クーロン株式会社より、コメントシステム「QuACS」のサービスを停止する旨連絡を受けたため、「QuACS」のサービスを休止させていただきます。

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

小田原版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「練り物でお寿司作ろう」

「練り物でお寿司作ろう」

かまぼこ博物館に新企画

10月14日~3月26日

小田原版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年10月14日号

お問い合わせ

外部リンク