小田原版 掲載号:2016年8月27日号
  • googleplus
  • LINE

走る「動物園」完成

教育

城北高のペイントパッカー車

 「長い25日間だったけど、ここにしかない、素敵な作品が出来ました」―。小田原城北工業高校が毎年取り組むパッカー車(ごみ収集車)のペイントが、8月10日に完成した=写真。作業終了直後、あいさつに立ったリーダーの小川友華さん(2年)の目には涙があふれた。

 小田原衛生の呼びかけで1993年から始まったパッカー車の製作は、これまでに23台が完成。車本体や使用する絵の具などの材料は小田原衛生が用意し、デザインも同校の生徒に任せている。

 製作には1年生14人、2年生17人の計31人の有志が参加。パズルとズー(動物園)を組み合わせた造語「パZOO(ズー)ル」のテーマのもと、車体には22にも及ぶ色とりどりの動物が描かれた。

 小川さんはパッカー車製作に憧れて同校に入学し、2年連続でペイントに参加。「納車日が決まっているなか、予定より遅れてぎりぎりまで作業が続き緊張した。自分が手がけた車は愛着もひとしおです」と晴ればれとした表情で語った。

 デザインと配色をメーンで担当した佐藤綾さん(2年)は、「パッカー車は『働く車』というイメージがあったので、子ども受けするようなデザインを心がけた。たくさんの人に見てほしいです」と立体化した”作品”を前に感慨深げだった。

 車両は10月29日(土)・30日(日)の文化祭で展示後、稼働を始める予定だ。なお歴代のパッカー車は同校のホームページで閲覧できる。

関連記事powered by weblio


未病戦略エリアBIOTOPIA

2018年 春オープン予定の施設など

https://www.biotopia.jp/index.html

<PR>

小田原版のローカルニュース最新6件

小田原版の関連リンク

あっとほーむデスク

小田原版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「練り物でお寿司作ろう」

「練り物でお寿司作ろう」

かまぼこ博物館に新企画

10月14日~3月26日

小田原版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年10月21日号

お問い合わせ

外部リンク