小田原版 掲載号:2016年12月10日号
  • googleplus
  • LINE

カート

夢へぶっちぎり

スポーツ

城北工高 木下君が日本一

時速100キロ近く出るというカート
時速100キロ近く出るというカート
 滋賀県の琵琶湖スポーツランドで11月に行われた「第40回TOYOTAカートミーティング全国大会」で、木下藍斗(あいと)君(小田原城北工高1年)が優勝した。

 日本全国のカート場の年間レース上位者が集う大会で、大井松田カートランド代表として参戦。小林可夢偉などF1のプロレーサーの8割がここから羽ばたいているという、プロへの登竜門ともいわれる大会だ。

 木下君は以前にも参加経験がある。2012年、スタート位置を決める予選で上位を走っていたが、追突され順位を落とし最後尾からのスタートに。それでも前を走る20台近くをごぼう抜きし、3位に輝き最優秀jr.賞を獲得したが、優勝経験はない。

 今回参加したのは参加者の一番多いSSクラス。木下君は「緊張はしていた」と振り返るが、予選、決勝と一度も誰の尻を追うこともなく「ぶっちぎり」での優勝だった。「信じられないくらいうれしかった。将来はプロレーサーに」と夢を話す木下君。小2からメカニックとして二人三脚でやってきた父・昌洋さんも「息子の夢を応援したい」と背中を押す。

表彰台の木下君(中央)
表彰台の木下君(中央)

関連記事powered by weblio


未病戦略エリアBIOTOPIA

2018年 春オープン予定の施設など

https://www.biotopia.jp/index.html

<PR>

小田原版のローカルニュース最新6件

小田原の夜 優美に彩る

風の盆

小田原の夜 優美に彩る

10月21日号

荷川取(にかどり)さんに栄冠

国府津小でカルメン

「城マニア」350人が来訪

酒匂が春秋連続V

酒匂が春秋連続V

10月21日号

小田短との交流が評価

第5回かながわ福祉サービス大賞候補に 社会福祉法人 県西福祉会

小田短との交流が評価

10月21日号

小田原版の関連リンク

あっとほーむデスク

小田原版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「練り物でお寿司作ろう」

「練り物でお寿司作ろう」

かまぼこ博物館に新企画

10月14日~3月26日

小田原版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年10月21日号

お問い合わせ

外部リンク