小田原版 掲載号:2017年1月1日号
  • googleplus
  • LINE

(PR)

環境に向き合い65年 小田原衛生グループ

 「憧れでした。ペイントパッカー車(ごみ収集車)をやりたくて入学したんです」。昨年完成した24台目は、夏休み返上でハケを握った城北工業高校有志の努力の結晶。31人を束ねたリーダーの、達成感に満ちた笑顔が印象的だった―。

※ ※ ※

 1952年の創業以来、「清潔で安全な生活環境づくり」を基本理念に、地域の暮らしに向き合い続けてきた小田原衛生グループ(鈴木大介社長)。高校生たちが心血を注いだパッカー車は、同社社員の相棒となり、地域の暮らしを支えている。

 まっさらな新車を1台、”働く車”として街を走るまで、高校生に預ける。この事業はいつしか、「ペイントパッカーをやるために」同校への入学希望者を呼ぶほどの注目を集めるように。

 遡れば25年前、小田原衛生グループが同校にパッカー車のペイントを依頼したきっかけは、「近い将来、社会人となる高校生に、ごみや環境問題について関心をもってもらいたい」という願いから。街なかを走るパッカー車は、そのデザイン性から自然と人の耳目を集める。製作に取組む側だけでなく、目にする人にも環境への意識を喚起する、”広告塔”の役目を担うようになった。

 創業65年目、次世代の若者に地域貢献や地元愛の心を醸成させながら、清潔で安全な生活環境を目指す。

小田原衛生グループ

小田原市寿町1-1-12

TEL:0465-35-2038

http://www.oeg-net.com/oeg.html

小田原版のピックアップ(PR)最新6件

小田原版の関連リンク

あっとほーむデスク

小田原版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

アートと寄木との出会い

アートと寄木との出会い

12日まで 老欅荘で作品展

12月1日~12月12日

小田原版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年12月9日号

お問い合わせ

外部リンク