小田原版 掲載号:2017年1月7日号

(PR)

助産師が24時間お手伝い 医療レポート足柄上病院シリーズ㉙

産後ケア「すくすく」

取材協力/県立足柄上病院

 新年の足柄上病院医療レポートは夢と希望を込めて「赤ちゃんとママ」がテーマ。同院が1月にスタートする「産後ケアすくすく」について、丹下純子副院長兼看護局長と、13人の助産師をまとめる佐藤良枝看護科長に話を聴いた。

 ――産後ケアとは?

 産後のママの心身の疲労回復と育児不安を解消するために、宿泊のニーズにもお応えするケアサービスです。24時間体制で経験豊富な助産師が寄り添います。

 ――対象は?

 母子ともに治療中の疾患がない生後3カ月以内の赤ちゃんとママが対象です。当院以外で出産されたママにもご利用いただけます。

 ――どんな場合に利用するサービスですか?

 退院後に家族のサポートが受けられなかったり、母乳育児のサポートを受けたい方や育児に不安があったり、疲れて少し休みたい時などに「日帰り」又は「宿泊」をご用意しています。

 ――そもそも足柄上病院ではどんなお産ができる?

 当院では院内助産を提供しています。常勤10人・非常勤3人の13人の助産師が24時間体制でお産に対応しています。畳でのフリースタイル分娩や夫立会い分娩など自然分娩が基本です。分娩数は年間およそ140件で助産師外来、母乳育児外来や各種講演で母乳育児をサポートしています。

※※※

 産後ケアのサービス内容や利用に関する相談は同院まで電話を。担当は3A病棟(内線3340)へ。

地方独立行政法人神奈川県立病院機構神奈川県立足柄上病院

神奈川県足柄上郡松田町松田惣領866-1

TEL:0465-83-0351
FAX:0465-82-5377

http://ashigarakami.kanagawa-pho.jp/

小田原版のピックアップ(PR)最新6件

10月入校生を募集

県立西部総合職業技術校”かなテクカレッジ西部”

10月入校生を募集

7月15日号

不登校は「チャンス」

T&M講座 第1講

不登校は「チャンス」

7月15日号

住みなれた街を望む大パノラマ

「指先から肘」が専門

手外科に迫る 医療レポート足柄上病院シリーズ 31

「指先から肘」が専門

7月8日号

この夏、夢への一歩を踏み出そう

東京五輪開催に向け、高まる料理人の需要

この夏、夢への一歩を踏み出そう

7月7日号

夜の部に人気の落語家

7月23日(日)地蔵まつり 南足柄弘済寺

夜の部に人気の落語家

7月7日号

関連記事(ベータ版)

小田原版の関連リンク

あっとほーむデスク

小田原版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年7月22日号

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/