小田原版 掲載号:2017年3月11日号

防災行政無線

室内で受信可能に 社会

縦17cm×横13cmほどの受信機
縦17cm×横13cmほどの受信機

 災害時の避難勧告などを発信する「防災行政無線放送」を室内で受信できるサービスが、3月1日からスタートした。

 これは、小田原市と(株)ジェイコムイースト小田原局(山田文雄局長)との協定で実施するもの。契約者は室内に受信機を設置、同局のケーブルテレビ回線を介して、家の中で防災無線を受信することが可能となる。

 屋外スピーカーから発信される防災無線は、悪天候時や気密性の高い住宅などでは音声が届きにくいこともある。市ではこれまで、テレビの文字によるデータ放送、テレホンサービス、登録制の防災メールなど複数の方法で情報を提供してきた。だが、これらは市民が情報を自ら取りに行かなければならず、特にデータ放送や防災メールは「携帯やパソコンをもっていない、操作がわからないという高齢者などにはハードルが高い」(市防災対策課)という課題がある。今年2月時点で、防災メールの登録者数は約1万2000件と、ここ数年は微増にとどまっているのも現状だ。

 今回のサービスは、室内端末を回線につないでおけば、自動的にクリアな音声が流れる(緊急速報以外は音量の調整も可能)。有線のため、安定した情報発信も可能だという。災害時はFMラジオとしての役割も果たす。同課では「ぜひ多くの家庭で活用してほしい」と設置を呼び掛けている。

 利用料はケーブルテレビ加入者300円、未加入者500円(共に月額)。当面は1年間の利用料と基本工事費が無料。詳細はJ:COMカスタマーセンター【電話】0120・914・000(9時〜18時/無休)
 

小田原版のローカルニュース最新6件

合田さんの甲冑を製作

5月1日から一般販売

観戦チケット 市内5カ所で 大相撲小田原場所

5月1日から一般販売

4月29日号

「生活保護行政のあり方」

シンポ

「生活保護行政のあり方」

4月29日号

磯貝捷彦氏が逝去

独特な世界観で魅了

春夏の彩り作品展

医療から介護まで

介護職、薬剤師、ケアマネ、PT募集中 託児所あります

http://youfuukai.or.jp/

<PR>

関連記事(ベータ版)

小田原版の関連リンク

あっとほーむデスク

小田原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年4月29日号

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/