小田原版 掲載号:2017年3月11日号
  • googleplus
  • LINE

「第19回ODAWARAえっさホイおどり」の実行委員長に就任した 柏木 隆良さん 南町在住 40歳

縁で広げるえっさの輪

 ○…笑顔を浮かべ、まっすぐにこちらを見てリズミカルに話す姿に「人見知り」という自己分析を疑いたくなる。中学から大学まで中距離走で鍛え、現在でも1日30分を自分のために捻出し、走る。大柄で快活な印象そのままに「エネルギーの塊」といったところ。

 〇…25歳で出会ったえっさホイおどりに今なお夢中だ。大賞受賞経験を持つチーム「聯(れん)」の代表でもある。入団したての消防団に、第1回えっさホイおどりを立ち上げ、当時の聯の代表を務める先輩がいた。誘われるままに練習を見に行き、「踊れなくてもいいから」という言葉を鵜呑みにして、すぐに舞台に立った。立ち往生こそないものの、もちろん満足のいく出来ではない。ある意味鮮烈なデビューだったが、一体感を持って踊る聯の雰囲気に強烈に魅かれた。「もう来ないだろうなと思われていたみたい」で、次の練習に再び顔を出したところ、「かえって驚かれた」と笑う。

 〇…踊り手として参加する気持ちが強かったえっさホイの祭典に、今年は実行委員長として臨む。副委員長だった昨年まではまだ「上がいてくれた安心感」があった。会合が始まり、緊張と、トップとしての実感が伴いはじめた。

 〇…本業は訪問の鍼灸マッサージ。学生時代、競技生活での故障をきっかけに進路を決めた。ちなみに、「おおらかで、分け隔てなく人と付き合えるところ」を尊敬している妻との出会いもえっさホイだ。二人の娘と3時間かけて300個の餃子を作る子煩悩なパパでもある。

 〇…さまざまな場所で縁を感じるからこそ、大切にする言葉がある。先人の事業を受け継ぎ、自ら発展させて未来を拓くという意味の『継往開来(けいおうかいらい)』。「なにごとも、先輩たちが作ってきた道のおかげで今がある。実行委員長として10年先を見据えたスタートを切りたい。人の役に立って厄年を乗り切れたら」―。からっと笑える強さもある。

小田原版の人物風土記最新6件

井本 英明さん

全日本わんこそば選手権で前人未到の5連覇を達成した

井本 英明さん

12月9日号

和泉 克介さん

小中学生に陸上の指導をする

和泉 克介さん

12月2日号

外郎(ういろう) 藤右衛門(とうえもん)さん

外郎家25代当主「藤右衛門」を襲名した

外郎(ういろう) 藤右衛門(とうえもん)さん

11月25日号

三上 誠司さん

「現代の名工」として表彰された左官職人

三上 誠司さん

11月18日号

杉崎 勲さん

厚生労働大臣表彰を受賞した小田原市老人クラブ連合会の会長を務める

杉崎 勲さん

11月11日号

大塚 さとみさん

学校図書ボランティア連絡会の会長を務める

大塚 さとみさん

11月4日号

小田原版の関連リンク

あっとほーむデスク

小田原版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

天守閣に冬桜舞う

天守閣に冬桜舞う

きょう点灯式

12月9日~3月4日

小田原版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年12月9日号

お問い合わせ

外部リンク