小田原版 掲載号:2017年3月18日号
  • googleplus
  • LINE

数少ない7段の現役女性拳士として後進を指導する 室伏 江利子さん 堀之内在住

拳の道まっしぐら

 ○…宗道臣(そうどうしん)(1911-80)によって日本で創設され、今年70周年を迎える少林寺拳法。拳の修行を通し、勇気・慈悲心・正義感を養う”人づくりの行”として世界に普及し、拳士数は今や170万人に上るとされる。だがその大半は男性で、女性の有段者となれば、ほんの一握り。「私がやらないと誰も後についてこないでしょ」。そう笑顔で言ってのける彼女こそ、世界でわずか5人しかいない、7段の現役女性拳士だ。

 ○…「道着姿が本当に格好良かったの」。弟の付き添いで見学に行った道場で、男性に交じり修練に励む女子高生に目を奪われた。家業の新聞販売店を手伝い、同級生と遊ぶ時間もほぼなかった幼少期。この時を境に「道場が自分の居場所になった」。「どんなに大きな声を出しても、人をぶっても平気」という不思議な魅力に取りつかれ、中学・高校と脇目も振らず道場通いの日々を送った。

 ○…四国にある武道専門学校を志すも、その年女性の募集がなく断念、地元企業に就職した。転機が訪れたのは25歳。武道まっしぐらな”変わり者”の自分を一番に応援してくれた両親を相次いで亡くした。仕事を辞め、家に引きこもっては、しばし無気力な時を過ごした。「このままではいけない。自分を変えるには…」見つけた答えは、やはり少林寺拳法だった。女性の有段者が少ない中、昇級に挑戦し続け、史上最年少で7段に合格した。36歳の時のことだ。

 ○…挫折と再起。自身の経験を誰かに伝えたい。道場の副道院長として指導する傍ら、40歳を過ぎて資格を取得し、高校の養護教諭として働く。保健室にサボりにくる生徒には「時間を無駄にするな」と諭し、追い返す。「やりぬく意志」を子どもたちに説くと同時に、志半ばだった専門学校へ入学を果たすなど自身の修練にも余念がない。「いつか少林寺拳法部がある高校で顧問ができたらな」。生涯拳士が思い描く夢の一つだ。

小田原版の人物風土記最新6件

井本 英明さん

全日本わんこそば選手権で前人未到の5連覇を達成した

井本 英明さん

12月9日号

和泉 克介さん

小中学生に陸上の指導をする

和泉 克介さん

12月2日号

外郎(ういろう) 藤右衛門(とうえもん)さん

外郎家25代当主「藤右衛門」を襲名した

外郎(ういろう) 藤右衛門(とうえもん)さん

11月25日号

三上 誠司さん

「現代の名工」として表彰された左官職人

三上 誠司さん

11月18日号

杉崎 勲さん

厚生労働大臣表彰を受賞した小田原市老人クラブ連合会の会長を務める

杉崎 勲さん

11月11日号

大塚 さとみさん

学校図書ボランティア連絡会の会長を務める

大塚 さとみさん

11月4日号

小田原版の関連リンク

あっとほーむデスク

小田原版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

天守閣に冬桜舞う

天守閣に冬桜舞う

きょう点灯式

12月9日~3月4日

小田原版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年12月9日号

お問い合わせ

外部リンク