小田原版 掲載号:2017年4月8日号
  • googleplus
  • LINE

20周年を迎えた小田原良寛会の会長を務める齋藤 雄致(たけし)さん南町在住 78歳

志、あったからこそ

 ○…江戸時代、新潟県の国上山(くがみやま)の山奥で寺を持たず、生活は質素を極め日々托鉢で暮らした僧侶・良寛。病があれば薬を乞い、食がなければ庄屋に米を乞うては困っている人に与えた―。「思いやり以外の何物でもない。裏表のない僧侶」という良寛を畏敬の念を込めて「遠い人」というが、”様”はつけない。「となりにいる人。それが良寛さん」。

 ○…小田原生まれの青年は、日産車体に勤務し、社員4000人が読む社内報の編集に携わる。当時は経団連の肝いりで社内報の一大ブーム。一流企業の広報マンが赤坂のホテルに集められ「週刊誌の鬼」の異名を持つ扇谷正造や、世界をまわる写真家から記事の書き方、レイアウトの指南を受けた。これに参加したとき従軍写真家を志したが、「その志があれば、将来必ず活躍する場がある」と諭された。以来、すっかり報道に魅せられてしまった「田舎の純情青年」は、志をもったまま、つばめや写真店を始めた。

 ○…「志があれば」―。この言葉を胸に生き、30代半ば、旅の途中の新潟でその答えに出会う。良寛が晩年を過ごした国上山を訪れたとき、「日本人にこんな人がいたのか」と感銘を受けたと同時に「これだ」と過去の一点がつながった。友人の協力を得ながら小田原良寛会を20年前に立ち上げ、良寛の教えや功績をより多くの人に伝えるため、取材、研究を続けている。

 ○…たった一人の中学生の孫との電話では、良きにつけ、悪きにつけても「全部受け入れる」。ここに良寛の姿を見た。きっと良寛も人の話に真摯に耳を傾け、背中を押したり、手を差し伸べたりしてきたのだろう。子どもの頃の夢は絵描き。今、隔世の時を経て良寛という人を、その教えを伝える絵を描く。「知れば知るほど、俺もそうなんなきゃって。残りの人生一生懸命生きるよ」。人を完全に理解することなどできないが、追い求める中で、良寛になっていく。

小田原版の人物風土記最新6件

三上 誠司さん

「現代の名工」として表彰された左官職人

三上 誠司さん

11月18日号

杉崎 勲さん

厚生労働大臣表彰を受賞した小田原市老人クラブ連合会の会長を務める

杉崎 勲さん

11月11日号

大塚 さとみさん

学校図書ボランティア連絡会の会長を務める

大塚 さとみさん

11月4日号

芳賀 充さん

おだわらハロウィンでパレードを先導する

芳賀 充さん

10月28日号

平塚 次郎さん

第72回国民体育大会サッカー競技少年男子で優勝の神奈川県チームの監督を務めた

平塚 次郎さん

10月21日号

米山 華代さん

小田原市内在住の女性として、初めて柔道四段に昇段した

米山 華代さん

10月14日号

クリスマス/アベマリア

12月23日(土)サンクトベルグ室内合奏団公演

http://kintaromirai-hall.com/

<PR>

小田原版の関連リンク

あっとほーむデスク

小田原版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

不登校・ひきこもりを「超える」

不登校・ひきこもりを「超える」

講演と体験談11月25日に

11月25日~11月25日

小田原版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年11月18日号

お問い合わせ

外部リンク