小田原版 掲載号:2017年4月8日号

日本一つかんだ若き名将 スポーツ

バスケ 松澤俊介さん

得点を喜ぶ松澤ヘッドコーチ(決勝戦にて)
得点を喜ぶ松澤ヘッドコーチ(決勝戦にて)

 東京体育館ほかで3月30日まで行われていた中学生の「都道府県対抗ジュニアバスケットボール大会」。4年ぶり5回目の全国優勝を果たした神奈川県代表のヘッドコーチは、白山中学校の松澤俊介教諭(42)だ。(役職は3月30日時点)

 準決勝前、緊張が張り詰める会場の中で、横須賀、茅ヶ崎、横浜など県内8校のトップクラスの選手12人の表情は柔らかく、試合前の練習では笑顔が溢れるリラックスムード。これは県代表が長年、東海大学のメンタルコーチのサポートを受けた効果だという。

 準決勝は序盤から神奈川優勢。ヘッドコーチに就任して3年目の松澤さんは、フロア全体が見渡せるコーナー付近に佇み、指示を出す。後半のタイムアウトでは選手を「楽しく!楽しく!」と鼓舞。試合は13点差をつけて東京を下す。松澤さんは「(私はただ)立っていただけ」と照れ臭そうにかすれ声で話した。

 決勝戦の相手は長崎県代表。第3ピリオドまで辛くもリードしてきたが、最終ピリオドで窮地を迎える。逆転こそ許さなかったものの、長崎の猛追はそれまで積み上げてきた得点差をじわじわ縮め、流れは傾きかけていた。

 残り5分―。焦りからか得点と時間に何度も目をやったが、ベンチワークに抜かりはなかった。教員になって20年。ベンチに座り、これまで幾度もくぐり抜けてきた土壇場で、タイムアウトの要請は適確。選手に「ポジションチェンジ、リバウンド、セーフティ」と、どれも基礎基本の単語を繰り返し、再び送り出した。

 試合終了のブザーが鳴り響く。スコアは59-57。最終ピリオドで一度も見せなかった笑顔がはじけた。試合後のインタビューで「競技人口最多の神奈川というプライドや、選手を預かる責任もあったが、強化技術のスタッフなど、仲間みんなでできているという安心感があった。選手にありがとうと伝えたい」と話した。
 

選手の目を見て指示を出す松澤さん
選手の目を見て指示を出す松澤さん

関連記事powered by weblio


ヤマハ防音相談会

9月30日(土)10月1日(日)に小田原で開催!

http://yamahaohmura.com

<PR>

小田原版のローカルニュース最新6件

小田原版の関連リンク

あっとほーむデスク

小田原版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

国内最大格闘技フェス

国内最大格闘技フェス

9月23日 小田原アリーナ

9月23日

小田原版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年9月16日号

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/