小田原版 掲載号:2017年4月8日号
  • googleplus
  • LINE

泳げ、卯月の空欠ノ上自治会の鯉のぼり

文化

 足柄街道を旧JT跡地から小田原フラワーガーデン方面に向かうと、山聖会館(久野)の左手に悠々と泳ぐ鯉のぼりが目に入る。欠ノ上自治会(世帯数113)が今年初めての試みとして、自治会内で集めた鯉のぼりをみどりのひろばに掲げている=写真。

 発案は、自治会内の若手有志の集まり「子ノ神(ねのがみ)会」によるもの。地域の活性化を目的に、40年ほど前から活動している。定例会で鯉のぼりの供出を呼びかけたところ、「息子が成人したから」「孫が大学生になったので庭に出すことがなくなった」など、3月末までに各家庭に眠っていた約40匹が集まった。

 4月2日、有志の手で子ノ神社下のひろばに掲げられた鯉のぼり。色鮮やかな吹き流しも交じり、間もなく満開を迎える桜をバックに、春の山を彩る景色が楽しめる。5月5日の子どもの日を目安にあげる予定。
 

小田原版のローカルニュース最新6件

クリスマス/アベマリア

12月23日(土)サンクトベルグ室内合奏団公演

http://kintaromirai-hall.com/

<PR>

小田原版の関連リンク

あっとほーむデスク

小田原版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

不登校・ひきこもりを「超える」

不登校・ひきこもりを「超える」

講演と体験談11月25日に

11月25日~11月25日

小田原版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年11月18日号

お問い合わせ

外部リンク