小田原版 掲載号:2017年4月15日号
  • googleplus
  • LINE

城山で己と戦い、走る小田原ナイトランナーズ

スポーツ

インターバル走が繰り返される
インターバル走が繰り返される

 桜の蕾が弾け、煌々と光る照明灯に照らされる鮮やかなグリーンの芝。生まれ変わった城山陸上競技場に4月5日、小田原ナイトランナーズの姿があった。

 「さあ、それでは始めましょう」。安池一公監督(50)が午後7時30分にひと声かけると、ウォーミングアップを終えたメンバーが「この日を待ちわびていた」と言わんばかりに動き出した。改修工事中は酒匂川河川敷の真っ暗闇をLEDライト片手に危険と隣り合わせの中、走り続けた。

 再び「聖地」に足を踏み入れるとメンバーは一気にトップギアへと上げ、インターバル走が繰り返される。静閑な空間が熱気を帯び、胸の鼓動が響く。これがナイトランナーズの強さの秘訣かもしれない。メンバーは今年30回を迎えた尊徳マラソン、湘南国際マラソンなどでは上位入賞が常に。毎年1月のかながわ駅伝でも小田原市チームの中心メンバーに名を連ねる。「さらにこれから小田原のリーディングチームとしての地位を高めたい」と安池監督。

 己と戦う集団が神奈川、そして全国の頂点へ。そう呼ばれる日も遠くはないはずだ。
 

小田原版のローカルニュース最新6件

小田原版の関連リンク

あっとほーむデスク

小田原版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

不登校・ひきこもりを「超える」

不登校・ひきこもりを「超える」

講演と体験談11月25日に

11月25日~11月25日

小田原版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年11月25日号

お問い合わせ

外部リンク