小田原版 掲載号:2017年4月15日号
  • googleplus
  • LINE

都道府県対抗ジュニアバスケットボール大会で優勝した神奈川県代表のヘッドコーチを務めた 松澤 俊介さん 中里在住 42歳

この興奮をもっと、ずっと

 ○…体育館で見られるこの笑顔も、しばしのおやすみ。県代表を率いて全国の頂点に立ったヘッドコーチはこの4月、市教育指導課へ異動になった。14年間関わってきたチームスタッフの「まっちゃんが最後だから、ここはひと花」という意気をひしひしと感じた。「周りが立ててくれて、組織でつかんだ優勝」と表情は達成感に満ちる。

 ○…なんとなく山北町の実家、スーパーマーケット・まつざわを「継げばいいかな」と思っていた青年のベクトルは大学でくるり。中学で始めたバスケは仲間に恵まれ、気付けばその興奮や感動の虜になっていた。思わず拳を握る「うぉぉぉ!」という高ぶり、ハイタッチ、心の底からの喜び。「この心地よさを、おっさんになっても味わっていたい」。そう思い見つけた職が教師。20年間で湯河原、鴨宮、白山中学校に務めた数学科のバスケ部顧問は、心酔した興奮と感動の遺伝子を、生徒とのかけがえのない日常でばら撒いてきた。

 ○…平日の「貯蓄」は、土日のため。愛妻と2人の愛娘の前では風呂掃除に洗濯、朝食準備と家事を率先。しかし「平日に貯めても、部活で土日を空けてしまうから赤字」と少しの後ろめたさの中にも充実した父の顔がチラリ。娘が生まれたころ、担任を持った学級で非の打ち所のない生徒に出会い「どういう風に育てれば君みたいになる?」と問うて教わった父親像だ。

 ○…心残りは白山中の選手。湯河原でも鴨宮でも優勝に導き「ここでも優勝させてあげたかった」と唇を噛む。かけた最後の言葉は「県西優勝」。恩師を見つめうなずく松澤チルドレンがそこにいた。ただ、見ているのは眼前の栄誉だけでない。「自分を支えてくれたバスケの裾野が広がってほしい。高校で続け、指導者になって、親になって子に教えて」と撒いた種の開花を心待ちにする。新しいコートに立った今春。「今を一生懸命やるしかない」と凛々しい表情に覚悟をみた。

小田原版の人物風土記最新6件

井本 英明さん

全日本わんこそば選手権で前人未到の5連覇を達成した

井本 英明さん

12月9日号

和泉 克介さん

小中学生に陸上の指導をする

和泉 克介さん

12月2日号

外郎(ういろう) 藤右衛門(とうえもん)さん

外郎家25代当主「藤右衛門」を襲名した

外郎(ういろう) 藤右衛門(とうえもん)さん

11月25日号

三上 誠司さん

「現代の名工」として表彰された左官職人

三上 誠司さん

11月18日号

杉崎 勲さん

厚生労働大臣表彰を受賞した小田原市老人クラブ連合会の会長を務める

杉崎 勲さん

11月11日号

大塚 さとみさん

学校図書ボランティア連絡会の会長を務める

大塚 さとみさん

11月4日号

小田原版の関連リンク

あっとほーむデスク

小田原版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

天守閣に冬桜舞う

天守閣に冬桜舞う

きょう点灯式

12月9日~3月4日

小田原版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年12月9日号

お問い合わせ

外部リンク