小田原版 掲載号:2017年4月15日号
  • googleplus
  • LINE

カメラやスマホもダイバーがお堀を清掃

社会

何回も水に潜りごみを回収するダイバー
何回も水に潜りごみを回収するダイバー

 小田原城址公園のお堀のごみを回収する清掃が4月12日、ボランティアのダイバーによって行われた。

 小田原市や湯河原、真鶴町などのダイビングショップ所属のダイバーによる西神奈川ダイビング事業者安全協議会が協力を申し出て、2015年度から実施している。今回はダイバー16人が参加した。

 今回の清掃場所は学橋北側。ダイバーは「腕を伸ばすと自分の手も見えない」という濁った水に何回も潜りながら、手探りで沈んでいたごみを次々と回収した。

 約1時間で集められたごみの合計は約250kgで過去最多。数十年前のデザインと思われる空きビンや空き缶のほか買物用カートや鉄パイプ、またカメラレンズやスマートフォンなど誤って落としてしまったと思われるものもあった。

 小田原城総合管理事務所では「小田原城の美しいお堀を守るために、ごみのポイ捨てはご遠慮ください」と呼びかけている。
 

引きあげられたごみ
引きあげられたごみ

小田原版のローカルニュース最新6件

クリスマス/アベマリア

12月23日(土)サンクトベルグ室内合奏団公演

http://kintaromirai-hall.com/

<PR>

小田原版の関連リンク

あっとほーむデスク

小田原版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

不登校・ひきこもりを「超える」

不登校・ひきこもりを「超える」

講演と体験談11月25日に

11月25日~11月25日

小田原版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年11月18日号

お問い合わせ

外部リンク