小田原版 掲載号:2017年5月13日号
  • googleplus
  • LINE

「生活保護行政のあり方検討会」で座長を務めた井手 英策さん南町在住 45歳

未来をつくるのは今の我

 ○…小田原市の後期基本計画の策定に、外部有識者の一人として参画している。その経緯と、小田原の街を知る市民の一人であるという理由から、市の依頼で検討会のメンバーかつ座長に選ばれた。今年2月から4回にわたる計9時間の協議を「心のこもった議論だった」と振り返り、先日のシンポジウムでは「弱者とそれ以外の人が互いに傷つけあう構造を終わりにしなければ。すべての人が幸せに生きていける社会を、あらゆる人間が考えていかなくてはいけない」という言葉で締めた。

 ○…もう2カ月誕生が遅かったら、首相の名から”カクエイ”だったかもしれない。福岡県久留米市で生まれ育つ。シングルマザーの母を、学徒動員で勤労奉仕中に片腕を失なった叔父と、叔母が支援してくれた。中学3年で猛然と勉強を始め1カ月後には県で1番になった。

 ○…「生まれたからには命を燃やして生きなくちゃ」。人生でこれまでに3度、”生”を強く意識した。母にこの世に産み落としてもらったとき。2度目は東大在学中に母の借金先と渡り合ったとき。そして6年前の4月、過労により失神。割れそうな頭痛と吐き気に襲われながらも病院に行ったのは2日後。脳内出血で”死”がよぎった。「よく走馬灯のようにって例えるでしょ。なにも思いつかなかった。その時猛省したんです」。楽しみを感じながら生きていく人生がいい―。娘の名に、想いの一端を込めた。

 ○…自身の授業の聴講生だった「連れ合い」との間に、小学3年の長男・貫太郎君と幼稚園年長の長女・愉咲(ゆさ)ちゃん、1歳の次女・文愉(もゆ)ちゃんをもうけた。「ベースは家族。帰ってくる場所があるから、僕は頑張れる」とはばからない口調からは、家族への愛があふれる。

 ○…8時間の睡眠とカゴメのトマトジュースで健康を保つ。対して「ギョニソ」。略し方から好きなのかと思いきや嫌いなもの、魚肉ソーセージ。独特だ。

小田原版の人物風土記最新6件

三上 誠司さん

「現代の名工」として表彰された左官職人

三上 誠司さん

11月18日号

杉崎 勲さん

厚生労働大臣表彰を受賞した小田原市老人クラブ連合会の会長を務める

杉崎 勲さん

11月11日号

大塚 さとみさん

学校図書ボランティア連絡会の会長を務める

大塚 さとみさん

11月4日号

芳賀 充さん

おだわらハロウィンでパレードを先導する

芳賀 充さん

10月28日号

平塚 次郎さん

第72回国民体育大会サッカー競技少年男子で優勝の神奈川県チームの監督を務めた

平塚 次郎さん

10月21日号

米山 華代さん

小田原市内在住の女性として、初めて柔道四段に昇段した

米山 華代さん

10月14日号

クリスマス/アベマリア

12月23日(土)サンクトベルグ室内合奏団公演

http://kintaromirai-hall.com/

<PR>

小田原版の関連リンク

あっとほーむデスク

小田原版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

不登校・ひきこもりを「超える」

不登校・ひきこもりを「超える」

講演と体験談11月25日に

11月25日~11月25日

小田原版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年11月18日号

お問い合わせ

外部リンク