小田原版 掲載号:2017年7月29日号
  • googleplus
  • LINE

公益社団法人小田原薬剤師会の会長に就任した 常盤 孝司さん 湯河原町在住 55歳

革新派の持つ確たる理想

 ○…従来の事業をやればいいのではなく、従来行ってきた事業をいかせる事業を起こすこと―。2市8町からなる薬剤師会の新会長は革新派。根底にあるのは無論、薬局・薬剤師としての自覚。薬局は「患者さんがたずねられるところ」、薬剤師は「医薬品を通して健康管理に貢献する」。明確な像はこの人の中にあり、その集団である薬剤師会として「明日に向かって何をすべきかを今に組み込まないと進歩がないでしょう」と言い切った。

 ○…大学卒業後に勤めた製薬会社の赴任先・富山で一回り上の小田原高校の先輩と出会う。彼は当時若手で一番の出世頭。「頼りにされるのは医学知識、薬学知識に長けている者」という先輩の仕事量は半端ではなかったが、3カ月を共にし、世の中の構造を見抜く。「休みはなかったけど充実してた」と感慨深げ。先輩の栄転後も濃密な10年の歳月は成長をもたらす。

 ○…実家の薬局に戻り、まずしたことは法規の勉強。薬局とは、薬剤師とはなんぞやを追い求めた。会員になって20年で任された会長職だが「まだまだヒラで、現場でやっていたかったな」と重きをおくのは眼前の患者。処方箋の調剤をするだけが仕事ではなく、身体に関する知識を身につけ、不調や健康相談、ひいては美肌相談にも応じられる姿こそが、本来の薬剤師。

 ○…スマホの待受画面は35kgのマグロを釣り上げた時の写真。仲間との海釣り話と「これ、俺のバイク」と愛車・ハーレーダビッドソンロードキングCVOの話になると強面が一変、無邪気さが踊る。仕事の合間を縫って季節の変わり目に1人でツーリングに出かけては全国の美しい景色に浸ると思いきや、釣り仲間とは朝から晩まで一緒。遊び上手と言わざるを得ない。2人の娘と1人の息子の将来を問えば「本人に任せる。好きなことやれよ」。娘2人は家を出て顔もあまり見ないが、父親のこの言葉の真意は放任ではなく、信頼。

小田原版の人物風土記最新6件

井本 英明さん

全日本わんこそば選手権で前人未到の5連覇を達成した

井本 英明さん

12月9日号

和泉 克介さん

小中学生に陸上の指導をする

和泉 克介さん

12月2日号

外郎(ういろう) 藤右衛門(とうえもん)さん

外郎家25代当主「藤右衛門」を襲名した

外郎(ういろう) 藤右衛門(とうえもん)さん

11月25日号

三上 誠司さん

「現代の名工」として表彰された左官職人

三上 誠司さん

11月18日号

杉崎 勲さん

厚生労働大臣表彰を受賞した小田原市老人クラブ連合会の会長を務める

杉崎 勲さん

11月11日号

大塚 さとみさん

学校図書ボランティア連絡会の会長を務める

大塚 さとみさん

11月4日号

小田原版の関連リンク

あっとほーむデスク

小田原版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

アートと寄木との出会い

アートと寄木との出会い

12日まで 老欅荘で作品展

12月1日~12月12日

小田原版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年12月9日号

お問い合わせ

外部リンク