小田原版 掲載号:2017年8月5日号
  • googleplus
  • LINE

JT跡地

開業「早ければ2020年に」

経済

4者研究会 基本構想を発表

会見に臨む鈴木会頭(右)と大門社長
会見に臨む鈴木会頭(右)と大門社長

 イオングループが所有する久野の日本たばこ産業(=JT)跡地の開発計画に関する基本構想・基本計画が8月2日、小田原箱根商工会議所定例記者会見で発表された。会見には鈴木悌介会頭、事業者のイオンタウン(株)大門淳代表取締役社長が出席した。

 基本構想・基本計画は、イオングループと神奈川県・小田原市・小田原箱根商工会議所からなる4者研究会によってまとめられたもの。研究会では「いのち輝くまちづくり構想」として、【1】地域医療体制との連携・健康増進施策の推進【2】定住人口増につながる良質な住宅の提供【3】交流人口増による新しい商業の需要の創造【4】県の「未病を改善する」拠点としての機能と位置づけ【5】防災センターとしての機能【6】最先端エネルギーモデルタウンの6本の柱を軸に、活用法について研究を重ねてきた。

 発表では「小田原ウェルネス・リビング〜健・交・楽のHealthy Aging Town〜」をコンセプトに、日常生活の中で楽しみ、学び、社会参加しながら健康になれる多世代交流拠点を目指す構想が示された。

 JT跡地は県道を挟んでA、B敷地に分かれる。西側のA敷地(約59,500平方メートル)に計画する施設は、店舗面積最大40,000平方メートル想定・3階建て。物販のほかクリニックモールなど100前後の店舗が想定され、キッチン・メディカル・アクティブ・コミュニティのME-BYO(未病)にまつわる4つのコンテンツを含めた複合施設として、イオンと地元商業者らによる専門店、未病改善ゾーンで構築していくという。東側のB敷地(約21,500平方メートル)は暫定的に一部を平面駐車場として利用する。

 老朽化が進む市立病院の建て替え用地としての利用の可能性について、鈴木会頭は「現段階で小田原市にどのくらい検討してもらっているかわからない。引き続き市に要望していきたい」と述べた。

 今後は、事業者のイオンタウン(株)が同構想・計画に則った実施計画を策定していく。大門社長は開業時期を「協議が順調に進めば、早ければ2020、21年にオープンしたい」との考えを示した。

 「いのち輝くまちづくり構想」は2015年3月、会議所が提案。同年7月に4者研究会が発足し2年にわたり協議を重ねてきた。
 

関連記事powered by weblio


未病戦略エリアBIOTOPIA

2018年 春オープン予定の施設など

https://www.biotopia.jp/index.html

<PR>

小田原版のトップニュース最新6件

1年生が国体V

1年生が国体V

10月21日号

図書館がリーフレット作成

読書週間

図書館がリーフレット作成

10月21日号

小田原の海を満喫

小田原の海を満喫

10月14日号

給食費引き落としへ

小中学校

給食費引き落としへ

10月14日号

元モー娘と自然をPR

被害額県内ワースト

振り込め詐欺

被害額県内ワースト

10月7日号

小田原版の関連リンク

あっとほーむデスク

小田原版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「練り物でお寿司作ろう」

「練り物でお寿司作ろう」

かまぼこ博物館に新企画

10月14日~3月26日

小田原版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年10月21日号

お問い合わせ

外部リンク