小田原版 掲載号:2017年9月2日号
  • googleplus
  • LINE

現代美術展「小田原ビエンナーレ2017」に参加している栗原 昇さん栄町在住 69歳

解き放たれる情熱

 ○…不規則に並ぶ板に描かれた電柱、そこから伸びる電線は絵を飛び出し四方の枠につながる――。新作「電柱」シリーズを含め、市内で開催中の現代芸術展「小田原ビエンナーレ」に初参加。「こんなことをやっている人は小田原ではあまりいない」。絵画、彫刻、版画、造形…創作に挑み続けてきた静かなる情熱が孤高の眼差しに宿る。

 ○…島根県で生まれ、高校教師だった父の転勤により4歳で小田原に。チャンバラと同じように遊びのひとつが絵だった。小学1年生で絵を習い始め「デッサンのリアルな表現に魅了された」。高校1年生の時に父が病気で亡くなる。人生と向き合い始める時期に「頼りたい存在がいなかった」。何になりたいか分からないまま迎えた3年の冬、東京教育大学(当時)芸術学科の受験科目にデッサンがあることを知る。それから正月返上で3カ月間、石膏像を紙に描き続けた。「描いている時は一切の悩み、苦しみから解放された」。悩み続けた青春に光が差した瞬間だった。

 ○…大学の友人に連れて行かれた美術館で「ヘンテコな作品を見て衝撃を受けた」。それが当時国際的な潮流だった現代芸術との出会い。それから美術、映画、文学などに浸り酒を飲みながら新しい芸術論をぶつけ合った。卒業後はアパレルメーカー勤務を経て、定年まで小田原城北工業高校と神奈川工業高校でデザイン科の教員として教壇に立ちながら作品発表を続けた。

 ○…27歳で結婚し1女を育て上げた妻とは6年前に死別。「見合いとしてはうまくいった方。今思うと美人だったかな」とぶっきらぼうな言葉にも愛情をにじませる。現在1人暮らし。月に数回都内に出かけ、孫に会ったり映画や画廊を見たりしてから、版画を新たに学び直すための講座にも参加している。「大衆に入っていくのは難しい、逆に迎合しない方が良いのかもしれない」。現代芸術への挑戦は今なお継続中だ。

小田原版の人物風土記最新6件

三上 誠司さん

「現代の名工」として表彰された左官職人

三上 誠司さん

11月18日号

杉崎 勲さん

厚生労働大臣表彰を受賞した小田原市老人クラブ連合会の会長を務める

杉崎 勲さん

11月11日号

大塚 さとみさん

学校図書ボランティア連絡会の会長を務める

大塚 さとみさん

11月4日号

芳賀 充さん

おだわらハロウィンでパレードを先導する

芳賀 充さん

10月28日号

平塚 次郎さん

第72回国民体育大会サッカー競技少年男子で優勝の神奈川県チームの監督を務めた

平塚 次郎さん

10月21日号

米山 華代さん

小田原市内在住の女性として、初めて柔道四段に昇段した

米山 華代さん

10月14日号

クリスマス/アベマリア

12月23日(土)サンクトベルグ室内合奏団公演

http://kintaromirai-hall.com/

<PR>

小田原版の関連リンク

あっとほーむデスク

小田原版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

不登校・ひきこもりを「超える」

不登校・ひきこもりを「超える」

講演と体験談11月25日に

11月25日~11月25日

小田原版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年11月18日号

お問い合わせ

外部リンク