小田原版 掲載号:2017年9月9日号
  • googleplus
  • LINE

志見つめ、語らう3日間龍馬塾3期生が卒業

経済

 幕末志士・坂本龍馬の生き方を学び、チャレンジ精神やリーダーシップを持つ若者の育成を目的とした「第3回小田原藩龍馬塾」が、9月1日から3日まで合宿形式で開催された。主催は企業経営者や大学教員らでつくる小田原藩龍馬会(鈴木博晶会長)。

 今年はエネルギー会社や不動産、金融機関など地元企業を中心に市内外から15人が参加。蓑宮武夫塾長が声をかけ、坂本家の第11代目・坂本龍哉さん(20)も入塾した=写真。

 龍馬塾では、各界で活躍する人たちの講義やディスカッションを受けながら、塾生が自らの過去・現在・未来を整理し、自己実現にむけた「夢・志マップ」を完成させていく。夜にはさまざまなテーマで語り合う「芋こじ夜会」も開かれ、議論は深夜まで及んだ。

 最終日には、各自がマップを発表。数百人を束ねる総務職に対し「やりがいを感じない部分もあった」と話していた会社員の奥冨優汰さん(23)は「塾を通して、まずは今の仕事を深めたいと思うようになった」と心境の変化を口にした。三橋沙耶香さん(25)は「”そのうち”できるとどこか甘えていた。本当にやりたいことを追及したい」と、仕事と同時に日本史研究に力を入れることを表明、拍手をあびていた。

 3日間で卒塾生も駆け付け意見を交わす姿も見られ、蓑宮塾長は「龍馬塾で出来た繋がりはこれからも続いていく」と述べ、「人生に夢はない、夢を持って人生を作る」と締め括った。

小田原版のローカルニュース最新6件

クリスマス/アベマリア

12月23日(土)サンクトベルグ室内合奏団公演

http://kintaromirai-hall.com/

<PR>

小田原版の関連リンク

あっとほーむデスク

小田原版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

不登校・ひきこもりを「超える」

不登校・ひきこもりを「超える」

講演と体験談11月25日に

11月25日~11月25日

小田原版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年11月18日号

お問い合わせ

外部リンク