小田原版 掲載号:2017年11月11日号
  • googleplus
  • LINE

市老連が厚生労働大臣表彰地域貢献活動など評価

社会

受賞後に加藤市長を表敬訪問した杉崎会長(中央)
受賞後に加藤市長を表敬訪問した杉崎会長(中央)
 小田原市老人クラブ連合会(杉崎勲会長=人物風土記で紹介)が10月19日、京都市で開催された全国老人クラブ大会で「優良郡市区町村老人クラブ連合会」として厚生労働大臣表彰を受賞した。

 同会は60歳以上の高齢者を対象に、豊かな人生を送るために、ボランティアやレクリエーションなどの活動を行う組織。地域の高齢者宅を定期訪問する見守り活動、環境美化活動、多世代交流の取り組みなどが評価されて今回の受賞に至った。県内に31ある市町村の老人クラブでは4例目。

 5年前に始まった見守り活動について杉崎会長は、「『まだ帰らないで』と引き止められることもあるほど、週1度の訪問を楽しみにしてくれる人が増えた。活動が発展して、ゴミ出しや庭木の手入れなどの手伝いを始めた地域もある」と成果を語る。

 一方、高齢化に反して会員は減少傾向。役員の成り手不足などが要因として考えられるというが、「時間的な余裕のある高齢者は、地域コミュニティの中枢になる存在」として、入会を呼びかけている。

小田原版のローカルニュース最新6件

クリスマス/アベマリア

12月23日(土)サンクトベルグ室内合奏団公演

http://kintaromirai-hall.com/

<PR>

小田原版の関連リンク

あっとほーむデスク

小田原版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

北条さつき会秋季展

北条さつき会秋季展

11月18・19日 あじさい公園で

11月18日~11月19日

小田原版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年11月11日号

お問い合わせ

外部リンク