小田原版 掲載号:2017年11月25日号
  • googleplus
  • LINE

庭園業青年部が40周年 サルスベリを記念植樹

社会

植樹する川口豊組合長(右)と時田光章副市長
植樹する川口豊組合長(右)と時田光章副市長
 今年、40周年を迎えた小田原庭園業組合青年部は11月11日、小田原駅前の北條ポケットパークで記念植樹を行った=写真。

 記念に植えられたのは神奈川県が種苗登録した、サルスベリ(ディアパープル)2本。病気になりにくく乾燥した環境でも育てやすいことから、この木が選ばれた。栢本洋平青年部長から時田光章小田原副市長へ目録が贈られた後、集まった会員らが植樹を行った。

 同青年部は1977年4月に設立。今年度始めの総会で「40周年の記念に何かしよう」という意見が上がり、記念植樹をすることに。同組合の川口豊組合長は「青年部は、よくまとまっている。これからも仲良く、会をもり立ててほしい」と話した。栢本青年部長は「今日の日を無事に迎えられて良かった。これからもこの木を皆で大切に育てていきたい」と笑顔で語った。

小田原版のローカルニュース最新6件

小田原版の関連リンク

あっとほーむデスク

小田原版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

天守閣に冬桜舞う

天守閣に冬桜舞う

きょう点灯式

12月9日~3月4日

小田原版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年12月16日号

お問い合わせ

外部リンク