小田原版 掲載号:2017年11月25日号
  • googleplus
  • LINE

外郎家25代当主「藤右衛門」を襲名した 外郎(ういろう) 藤右衛門(とうえもん)さん 本町在住 55歳

継承と挑戦のスピリッツ

 ○…起源は室町時代、5代目定治が北条早雲の招きにより小田原に赴いてから500年を数える県内最古の商家「ういろう」。当主が受け継いできた名に「まだ重いですね」。穏やかな眼差しの奥に、強い決意がにじむ。「地域の皆様のお蔭で歴史を重ねてこられました。時代を超えた恩返しができるよう、精進していきたい」

 ○…先代当主は伯父にあたる。幼いころから親に連れられお店に遊びに来ては、値札を入れ替えてしまういたずらっ子。学生時代にアルバイトもしていたが、「まさか自分が当主になるとは思ってもみなかった」という。外郎家の継承者として白羽の矢が立ったのは43歳のとき。都内で妻と2人の子どもの4人暮らし、銀行員として企画・マネジメントの業務に心血を注いでいた。充実した人生に突然迎えた大きな岐路。一度は断ったものの、先代から何度も懇願され、「人助けになるなら」と腹を決めた。

 ○…「人を支えたい」という思いが原動力。一度決めたことは方向を曲げない。「侍みたいな人」と評されることも多い。当主見習いとして店頭に立つも、何かが物足りない。「会社の経営はできても、薬のういろうを守れるのか」と考え、出した答えは45歳で薬剤師を目指すこと。周囲の反対を押し切り横浜薬科大学に入学した。文系出身で「ヒマラヤに素人が登山するようなものだった」と笑ってみせるが、6年間無遅刻・無欠席、首席で卒業し、国家試験にも合格した。

 ○…「ここは観光地。老舗をうまく活用できれば」と、蔵に博物館をつくったり、駅伝や祭りの際に和太鼓を披露したりと、小田原のために幅広く活動する。観光協会の副会長として、時に歯に衣着せぬ物言いも、地域への思いがあってこそ。息抜きは、望遠レンズで鳥を撮るときなのだとか。カメラを手にお堀端を歩く姿は、無邪気な少年のよう。私利私欲をまったく感じない、自然体の笑顔が魅力の挑戦者だ。

小田原版の人物風土記最新6件

井本 英明さん

全日本わんこそば選手権で前人未到の5連覇を達成した

井本 英明さん

12月9日号

和泉 克介さん

小中学生に陸上の指導をする

和泉 克介さん

12月2日号

三上 誠司さん

「現代の名工」として表彰された左官職人

三上 誠司さん

11月18日号

杉崎 勲さん

厚生労働大臣表彰を受賞した小田原市老人クラブ連合会の会長を務める

杉崎 勲さん

11月11日号

大塚 さとみさん

学校図書ボランティア連絡会の会長を務める

大塚 さとみさん

11月4日号

芳賀 充さん

おだわらハロウィンでパレードを先導する

芳賀 充さん

10月28日号

小田原版の関連リンク

あっとほーむデスク

小田原版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

天守閣に冬桜舞う

天守閣に冬桜舞う

きょう点灯式

12月9日~3月4日

小田原版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年12月9日号

お問い合わせ

外部リンク