小田原版 掲載号:2017年11月25日号
  • googleplus
  • LINE

プラネタリウムが復活 白山学区交流祭で上映会

教育

プラネタリウム内観(上)・屋上へ続く階段には美術部が描いた星座の壁画
プラネタリウム内観(上)・屋上へ続く階段には美術部が描いた星座の壁画
 白山学区交流祭が11月11日、白山中学校で行われ、同校のシンボルであるプラネタリウムが復活した。

 50年前、同校の20周年事業の一環として建設されたプラネタリウム。老朽化で撤去も検討されていたが存続を願う地域の連携で今春から補修作業を開始、交流祭での披露に至った。

 この日は、つくばEXPOセンターの萩原俊夫さんを講師に迎え「小田原の夜空を見てみよう」をテーマに上映。全6回で300人を超える来場者があった。

 同校の卒業生で在学中には機械故障で見られなかったという久野在住の近藤博信さん(54)は「やっと見ることが出来た。本当に嬉しい」と笑顔で語った。西村泰和校長は「大盛況でよかった。今後は授業でも活用していきたい」と話した。

小田原版のローカルニュース最新6件

小田原版の関連リンク

あっとほーむデスク

小田原版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

天守閣に冬桜舞う

天守閣に冬桜舞う

きょう点灯式

12月9日~3月4日

小田原版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年12月16日号

お問い合わせ

外部リンク